IT企業における契約トラブルを防ぐためには契約書が大切

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

契約を口約束のみで行うと、どのような内容かが不明確になりますし約束したことを証拠として残すこともできません。
口約束のみでは言った言わないという水かけ論になる可能性もありますので、後に証明をするためにも約束ごとは書面化してトラブルを未然に防ぐことが必要です。


契約書で約束を明確に確定させる
契約した内容を契約書として書面化することにより、その内容を明確に確定させることができます。
ただし書面化した表現が曖昧なものでは意味がありませんので、内容も十分検討することが必要です。
IT企業特有の法律問題とは
IT業界では固有の法律問題を抱えていますので、他の業界より複雑になっている特徴があります。
IT業自体近年に生まれたという特徴があるため、急速に発展するための法整備が追いついていない状況であることが理由とも言えます。
まずは現状で整備されている法律とすり合わせていくことが必要不可欠になりますので、契約書や規程・規約など、目に見えるルール作りでトラブルを防ぎ、IT業界特有の労働問題に対する策は積極的に実施していくことが大切です。
習得したい法律知識
ガイドラインや法令を理解し守り続けていくことは必要ですし、IT業界の多くで扱う知的財産権に関係する製品やサービスに対して知的財産権の権利保全、営業秘密の保持、同業他社への転職の制限といった競業避止について管理していく必要があります。
IT業界の契約で問題となるのは?
取引の対象は目に見えない無形物であること、成果物のイメージができないものであるということもあります。
IT業界の契約実務では、取引に関しての用語の定義について詳細にしておき、確定と検収を重視して作成します。
ソフトウェア業界であれば、完成とは何を基準にするのか、動作条件や不具合の範囲など様々な用語について詳細に定義として確定付けていくことが必要です。
その上でそれを前提に、成果物が仕様に適合しているかについて検収することになります。
契約形態による契約対象の違いに注意
ソフトウェアやハードウェアの業界の契約形態は、取引対象の完成を目的とする請負契約になることが多いです。
しかしインターネット業界やSI業界などは、一定業務を行うことが目的の準委任契約であることが多いため、契約の対象が複合的になることや入れ替わることもあるため注意しましょう。
契約書作成には法令の理解が必要
IT業界は大企業がたくさんの下請会社に発注する形式になっていることが多く、発注側と下請側の資本の差で発生する義務などを理解し、下請法に沿う契約も必要になります。
IT業界で契約書のトラブルを防ぐためには、遵守するべき関連する法令を理解し、自社の事業方針や事業計画に合った内容になっているかを契約書作成前に確認することが必要です。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

ピックアップ記事

  1. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s
    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054
    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
  6. 021
    マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番…
  7. 21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s
    企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破…
  8. 5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s
    個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。 個人情報…
  9. 15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s
    会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効…
  10. 53b3a0ae8bbf4ffe6902ddb31a2d881f_s
    PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る