リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性があります。
事業を運営していくには多種多様なリスクが待ちぶせており、急速な技術進歩や事業の国際化、事業展開の速度や環境問題による社会規制など、リスクも複雑化している状況であることを認識しておく必要があります。
リスクの1つとして取引先が倒産してしまうという事態があります。この場合どのような対処をすべきかを検討しておく必要があるでしょう。

危ない企業の見分け方とは?
取引先の与信管理は重要ですが、信用度の確認には決算書の分析を行うことが一般的です。しかしデータ調査会社の信用調査や決算書だけで判断するのは不安ですので、数値や評点にあらわれていない兆候を読み取る必要があります。
取引先の業況を把握できるのは営業担当者や事務担当者ですので、危険だと感じる兆候はないかを確認・報告させるようにすると良いでしょう。
ここが危ない!?企業の確認ポイントとは?
・社員の態度や社内の雰囲気が悪い、もしくは悪くなった
・空いているデスクが多いなど雑然とした雰囲気や無造作に放置された在庫がある
・解雇者や退職者が増え、役員や経理担当など重要人物が退職した
・代表者や幹部の動きに不審さがある
・未回収の売掛金が増えた
・手形取引など条件の変更の申し入れがあった
・出入り業者や取引金融機関などが変わった
いち早く取引先情報を掴むために
企業の業績が落ちればそこで働く社員の士気も落ちていきます。資金面で不安さがあれば他の取引先とも揉めることとなり、取引先が全て新しくなるといった異変が起きることもあります。
直接取引先の様子を感じることができる営業担当部署に対しては、このような情報について速やかに、そして確実に掴むことができるように情報収集のアンテナを張っておくように周知しておく必要があるでしょう。
また、同業者間で人脈を持ちながら情報が早く伝わるように努力をすることも必要です。市場経済はどんどん進展していきますので、リスクの特定や評価、そのことへの対処などを怠たれば損害が広がり信頼を失うことにもなりますのでペナルティを受けないように注意しましょう。
危ない企業への対応方法
契約内容が不明確で支払いに紛争が生じる可能性や長期化する可能性がある場合など、支払いが遅延する可能性があります。そのため契約書で支払い日や金額、方法など重要事項を明確に定めておくと良いでしょう。
さらには取引先だけに支払い義務を負わせるのではなく、保証人を付けるなど支払いが確実に行われるような担保提供なども検討しておくことも必要な場合があります。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

知っておくべき「顧客視点」と「お客様の声」の違いとは?... 近年のマーケティングにおいて「顧客視点」に立つことの重要性がよく語られています。この顧客視点と勘違い...
中小企業のBCP策定の重要性は?... BCP(事業継続計画)は上場企業など規模の大きな会社のものであり、中小企業には関係がない、それほど必...
企業を取り巻く様々なリスクとは...   リスクは多方面から企業を襲う 企業を運営するにあたっては、常に様々なリスクが取り巻...
地震BCP(事業継続計画)の整備はどのように?... BCP(Business Continuity Plan)は事業継続計画のことで、中小企業庁は「緊急...
中小企業が可能なIT活用は?... 現在は、多くの企業でITの導入が進んでいます。 それは中小企業でも例外ではなく、パソコンやスマート...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る