運送事業の最低車両台数は貨物自動車運送事業法の定め?

貨物自動車運送事業の運営を適正、そして合理的なものにするために貨物自動車運送事業法というものが定められています。輸送の安全を確保し、事業が健全に発達するための法律です。

トラック運送業者(一般貨物自動車運送事業者)の最低車両台数割れが問題になっていますが、許可申請にむけてトラックを準備していたのに、地震が発生して使えなくなった場合には軽トラックで代用できるのでしょうか。

最低車両台数とは?

一般貨物自動車運送事業の許可を申請するには、許可要件を満たさなければ許可はおりません。許可の要件には、運行管理者、整備管理者、車庫、営業所、事業に必要な資金など、様々なものがありますが、保有すべき車両台数についての要件も設けられています。

一般貨物自動車運送事業者の最低車両台数

貨物運送業を行うために必要になるのは最低5台のトラックです。しかし許可の際には5台あったはずのトラックが、事業を開始した後で減車し、トラック運送業者としての最低保有台数5台を割り込む事業者が増えているといわれている状況です。

もし最低車両台数を割ってしまった場合は?

最低車両台数は、貨物自動車運送事業法等の法令に規定があるのではなく許可基準の通達の規定です。通達の規定のため法律違反にはならないという部分が、5台を維持しないことを促す結果となっている可能性があります。

トラックの増減車は届出事項となっているため、5台に満たなかったとしても行政処分を直接受けることにもなりません。

一般貨物自動車運送事業の許可でも、霊柩車運送業、一般廃棄物処理業の場合は1台でも一般貨物自動車運送事業許可を取得することができます。5台未満なら運行管理者、整備管理者の選任が不要です。

トラックは一部軽トラでも可能?

軽トラックは一般貨物許可申請の最低車両台数へ含めることはできないため、許可申請の際には軽トラック以外の車両を5台準備しなくてはなりません。

軽トラック等を利用した運送事業は「貨物軽自動車運送事業」に該当し、同じ貨物自動車運送事業法で定義されています。貨物軽自動車運送事業は許可ではなく「届出制」の事業のため、一般貨物自動車運送事業の許可申請より手続きが簡単である特徴があります。

貨物軽自動車運送事業でも良い?

軽トラックは最大積載量が350㎏で積載量の面では積みこめるものが少なくなります。そのため軽トラックで荷物の運送は十分だという場合には、貨物軽自動車運送事業の届出を行うと良いでしょう。

やむを得ない事情がある場合

例えば地震により準備したトラックが損壊したなど、やむを得ない事情もあるでしょう。この場合には一度許可の申請を行う運輸局などで相談してみるようにしましょう。実際東日本大震災の時も、手続きの猶予期間が設けられるなど措置が行われています。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...
労働基準監督署の調査とは?その流れと方法について...    調査が実施される目的 労働基準監督署が調査を行う目的は、労働基準法等の違反の有無...
もしかして倒産寸前!?倒産前の企業にあらわれる兆候とは?... 絶対大丈夫だと思っていた大企業が次々に事実上の倒産となる中、はたして自社や取引先などは大丈夫なのだろ...
マイナンバー制度とは?情報漏洩リスクへの具体的な対策は?... マイナンバー制度は、住民票を有する人全てに配布される12桁の個人番号です。「税」「社会保障」「災害」...
雇用環境を考える 女性や若者が活躍しやすい環境整備... 働き方改革は労働力の確保や生産性のアップが目的で行われています。 今回はその中でも女性や若者が活躍...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る