グローバル化とテクノロジーで経営はどう変化するのか?

現在の社会を取り巻く環境は、常に変化し続けていますので、柔軟に対応していくことが求められます。
特に、企業経営は時代を先取っていかなければ、周囲から取り残されてしまいますよね。
ちなみに昨今の状況では、どのような経営が見られるのでしょうか?
今回は、グローバル化テクノロジーに注目して解説しましょう。

年々、ボーダーレス化が進んでいく状況

そもそもみなさんは、グローバル化にどのような意味があるかを覚えているでしょうか?
辞書的な意味では、国や地域を越えて、交流が活発になることと書かれていますよね。
経営の場面でも、同様のことが言えました。
例えば、原材料を価格が安い地域から取り入れて、他国に販売すると言った形がメインでしたよね。

しかし、年々外国との経営における関係は、変化しています。
日本でなく国外に工場を建設して生産したり、新興国が力をつけてきたりと、同じやり方では通用しない状況が出てくるようになってきましたよね。
そのため、社会の変化に応じて戦略を変えていかなければ、その企業は取り残されてしまう状況になってしまうかもしれません。

さらに、経営面だけではなく、物理面での変化も訪れました。
それが、仮想通貨やデジタル技術の発達になり、みなさんも日常で使用しているかもしれませんよね。
これらのツールは、日常だけでなくシステム面でも効率化、利便性が高くなりますので、世界中にあっという間に広まっていったでしょう。
システムが発達した理由には、技術の発達の恩恵であることが理解できますよね。

すると、言語の違いはあったとしても、経営で必須となるツールは万国共通になってきます。
そのため、経営においては常に海外との差がない、ボーダーレスの状態にあると言えるかもしれません。
従って、経営を考える上では、国内だけでなく、世界を見据えたプランを考えていくことが求められるでしょう。

経営は世界を見据えた方向性へと変化する

グローバル化やテクノロジーの発達により、これからは海外を視野に入れた経営をすることが重要になります。
なぜなら、企業で利益を出すために必要な消費者は、日本だけに限定してしまうと、年々減少傾向にありますよね。
そのため、日本人のみをターゲットにしてしまうと、思った以上の成果が挙げられないということも出てくるでしょう。

例えば、外国人向けに販売されていたり、国内外問わず人気があったりする商品が、現在では生き残る確率が高いですよね。
その理由には、多様な文化圏の人のニーズに合うようなアピールができていたということもあるでしょう。
このように、異文化を理解するといった姿勢は、上手く経営を進めていくためには重要な要素になります。

その一方で、海外との関わりを重視し始めることは、日本以外で起こり得るリスクへの対応が求められることを意味します。
例えば、外国の政治状況による社会不安や、特定商品の不買運動、コスト的な問題が挙げられるでしょう。
企業に直接関係ない出来事でも、利益に影響が出てしまうということは当然あり得ますよね。
そうなると、いくら自己防衛を施していても、企業では対応が難しい場合も出てくるでしょう。

そのため、海外市場へ視野を広げた際には、他国で起こる経営のリスクを想定していくことが求められます。
利益を追求するだけではなく、何かあった際の守りを固めることも、経営にとっては大切ですよね。
日本では起こりえない内容もありますので、適切な判断や対応ができるかどうかが、企業イメージにも関わってくるでしょう。

現在の経営の思考から、新しい思考に変えるチャンスは、常にあります!

参考URL日本経済新聞
(https://www.nikkei.com/article/DGXKZO32442720Z20C18A6XY0001/)

まとめ

今回は、経営のグローバル化とテクノロジーによる変化について、お話ししました。
近年は、単純な物や人の移動だけでなく、テクノロジーも発達し、より国同士の垣根が見えなくなってきました。
そのため、より他国のことを理解する経営を心掛けなければ、今後の利益には繋がりにくいでしょう。
その一方で、外国で起こり得るリスクの影響も大きく受けやすくなってしまいますので、リスク対策の方針は固めた方が無難です。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る