フリーランスにお勧めの保険とは?

フリーランスは、何かと不安を抱えやすい働き方になりますよね。
より良く働くためには、様々な場面でのリスクに備えた対策を取っていることが大切になるでしょう。
みなさんをサポートする保険のオススメには、一体何があるのでしょうか?
今回は、是非加入を検討して欲しい保険について、ご紹介したいと思います。

近年加入者が増加中である、人気の賠償責任保険

近年、フリーランスを選択する人の多くは、インターネットを利用した仕事を行っていることが多いですよね。
例えば、システムエンジニアやデザイナー、ライターのような仕事があるでしょう。
しかし、フリーランスは仕事上でのトラブルに巻き込まれる経験が少なからずあります。
そのような中、ある保険への加入率が高まっていることを、みなさんは知っているでしょうか?

それは、賠償責任保険です。
賠償責任保険は、例えば意図せず著作権を侵害した時や、個人情報の取り扱いによるトラブル等を対象にしています。
上記の内容は、近年トラブルになりやすい内容でもありますよね。
保障内容は、近年多様化している仕事内容に対応していますので、基本的に該当しない仕事はないでしょう。
苦い経験をした人は、結構いるのです。

特に、インターネット上での仕事がメインの人には、多様化している仕事に対応する上でも加入しておいた方が安心できますよね。
この保険がよく紹介されるのは、「フリーランス協会」になります。
この団体は、最近話題になることが多く、何かしらで聞いたことがある人もいるかもしれません。

精神的に落ち着いて仕事をするためには、自分の身を守る知識やツールを集めることが大切ですよね。
サポートは、多いに越したことはありません。

フリーランスの毎日や将来の生活を守るのに向いている保険

現在活躍しているフリーランスの人は誰でも、ある悩みを抱えています。
それは、働けなくなった時の生活費になり、駆け出しの頃は特に貯金に頼ることができない人もいますよね。
そのため、所得補償保険をオススメしたいと思います。

これは、公的な制度で言うと、傷病手当金に当てはまるようなものだと思って下さい。
病気のため仕事ができない場合は、医師の診断後から1週間程度で、毎月一定の保険金を受け取ることができます。
この保険に加入していると、一定の収入を確保できますので、金銭面での不安が少なくなりますよね。
公的な制度でも、お金が支給されるのに時間がかかるものがありますので、手早く対応してくれるのは困った時には助かるでしょう。

また、フリーランスには、「退職金」というお金は支給されません。
そのため、稼げるときに稼いだ分を貯金しておくような方法を取らないと、将来の生活に不安を感じてしまうという人もいるでしょう。
最近では、老後の生活に向けて、お金を積み立てる制度が確立してきていますが、保険でも同じようなことはできないのでしょうか?
そのような人は、終身保険に加入してみて下さい。

終身保険は、死亡時の保障等が備わっていますが、最大のメリットは解約返戻金にあるでしょう。
このお金は、毎月支払っていた保険料の一部を積み立てたものだと思って下さい。
保障が必要ないと感じた時や、支払いが満期になった場合には、支払っていた保険料以上の金額が自分の手元に戻ってくるのです。

ある程度の契約期間がある場合は、積み立てられた金額も大きくなってきますよね。
そのため、見方を変えると退職金の代わりのお金として、受け取ることも可能なのです。
この保険は利用すると、自分でコツコツと貯金するよりも強制力があり、間違って使ってしまうこともありません。

まとめ

今回は、フリーランスに加入を検討してほしい保険をご紹介しました。
仕事中に起こり得る損害から発生する不安の解消には、損害賠償保険への加入がオススメです。
また、生活面での不安を解消するためには、貯蓄や生活面に特化した所得補償保険や終身保険がオススメです。
安心は、保険料を支払うことで確実に得られますので、多少のお金をかけてでも加入して損はないでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

従業員の高齢化問題!社員の年齢構成に潜むリスクとは?... 少子高齢化が進む現代では、長年勤めている従業員が多い一方で、新規採用される人数が減少しつつあります。...
治療と仕事の両立支援を中小企業も取り組む時代... 病気になったら治療のために退職する、という人もいますが、本当に退職する必要があるのでしょうか? ま...
会社破産における代表者・取締役の法的責任とは?... もしも経営している会社が破産してしまった場合、代表者や取締役はどのような法的責任を負うことになるので...
年金制度が破綻するリスクは?少子高齢化による年金への不安... 企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破...
事業承継/2017年問題とは? 第2次大戦後の1947~1949年に生まれた世代を「団塊の世代」と言いますが、この世代の人たちが20...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る