なぜフリーランスには保険が必要なのか?

今は収入的に安定しているし、保険のことを考えるのはまだ先でいいや」と、思っている人はいませんか?
現状問題のない人にとって、もしもの時の不安を感じることは少ないかもしれませんね。
しかしフリーランスの場合、様々な場面で、保険の重要性を説明されることがあります。
それは、なぜでしょうか?

加入の義務のある公的な制度ではダメなのか?

私たちは、民間の保険ではなくても、最低限、加入の義務のある公的な制度に加入していますよね。
それは、会社員だろうが、フリーランスだろうが関係ありません。
ですので、最低限の保証は確保していますし、改めて保険に入る必要があるのか分からない人もいるでしょう。

最低限の保障には、例えば、病気や怪我をした時に、病院を受診すれば治療費の負担が軽くなることが挙げられます。
その他にも、老後の生活への保障や、事情があって働けなくなった時の生活の保障があるでしょう。
一見、これだけでも問題がないように思いますよね。

しかし、フリーランスという働き方は、すべての公的な保障の対象に当てはまらない場合があるのです。
そのため、大丈夫だと思って何もしなければ、後々大変なことになってしまうかもしれません。

フリーランスは保障の範囲が限定されている

実は、フリーランスの場合、公的な制度では不測の事態の対応が難しいことがあるのです。
それは、どのような場面になるのでしょうか?

①年金の受給額の違い

フリーランスは、会社員と違い、年金の制度的には「国民年金」に該当します。
この仕組みは、会社員が加入する「厚生年金」の仕組みとは異なり、受給される金額や毎月の負担の度合いが違ってきます。
受給額で比較すると、国民年金は満額で支給されたとしても、厚生年金の約半分の金額にしかなりませんので、生活するのには少し厳しい金額になりますよね。
足りない分は、自分で貯金をする等をして、蓄えておかなければならないでしょう。

また、フリーランスの人は、毎月の保険料が全額自己負担になりますので、収入によっては負担が大きいと感じる人もいるかもしれません。
みなさんの中には、受給予定の金額に大きな差があることにびっくりする人もいるでしょう。

参考URL厚生労働省
(https://www.mhlw.go.jp/content/12502000/000468259.pdf)

②社会保険の対象となっている保障の一部が受けられない

医療関係は、会社員の場合は健康保険に加入しますが、それ以外の人は「国民健康保険」への加入が義務付けられていますよね。
フリーランスの人は、後者に加入することになります。
年金と同様に、フリーランスはこちらも全額自己負担になりますが、金銭面以外だけではなく、あることにも気づかなければなりません。

それは、雇用保険や傷病手当等、一部の保障を受けることができないことです。
例えば、仕事を辞めた時に、すぐに次の仕事が見つからなければ、その期間の生活に困ってしまいますよね。
また、病気で仕事ができない状態になってしまった時は、無収入になってしまうこともあるでしょう。

健康保険の場合は、このような事態があったとしても、安定した生活ができるように手厚く保障がされています。
その一方で、国民健康保険では、このような保障は受けられません。
そうなると、フリーランスで仕事をしている人の生活はどうなるでしょうか?

このように、保障内容は公的な制度を利用したとしても、すべての働き方に共通している訳ではありません。
公的な制度で対応できない分は、その足りない部分を補っていきましょう。
そのために活用できるのが、民間でご紹介している保険になります。

ですので、公的な制度で問題ないと思っている人は、今一度、保険への加入を検討してみるべきでしょう!

まとめ

今回は、フリーランスの働き方には、保険がとても重要であることをお話ししました。
私たちは、公的な制度への加入が義務付けられていますが、フリーランスにはその保障内容では足りません。
公的な制度では、最低限度の保障しか受けられませんので、十分な安心を得るためには保険は必須だと言えるでしょう。
保険のバリエーションは豊富ですので、自分のライフスタイルに合った内容を探してみると良いですね。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

製造業:製造業者はリコールリスクをどう考えるべきか?... 製造物はメーカーから卸売業者を経て小売店に卸し、最終的に消費者の手に渡るという流れ一般的です。 し...
不測の事故に備えた経営がなぜ今重要視されているのか?... 「不測の事故に備えた経営」は現代において非常に重要です。 不測の事故への備えは言い換えればリスクマ...
社員の労働意識を変えれば会社の業績は間違いなく伸びる... 会社の業績を伸ばすための方法はたくさんあります。 しかし、多くの方法が一過性のものが多く継続性があ...
親族への事業承継の壁 経営者の高齢化が進む中、何かと話題になる「事業承継」。事業承継の準備は必要だが実際は日々の業務が忙し...
IT業界のリスクマネジメントの重要性... ITビジネスの情報技術は目ざましく進化している状況で、その発展は年々大きなものになっています。 業...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る