経営者は戦略的な思考が重要?~この先の未来を見据えて~

経営者の考え方としては、戦略的な思考が重要といわれています。
しかし、経営者が持つべき戦略的な思考というのは具体的にどのようなものであり、また、どういった時に役立つのでしょうか?
ここでは、戦略的思考とは何かについて、具体的に紹介していきたいと思います。

戦略的な思考とはどのようなものか?

それではまず、戦略的な思考について考えてみましょう。
ビジネスにおいて、戦略と聞いてまず思い浮かぶのが経営戦略ですよね。
経営戦略は、経営において中長期にわたる計画、および方針を示したものです。
数年後に目標を定め。そのためにはどういった経営をしていくかということを考えるのが経営戦略です。
そして、定めた目標を達成する為に必要なことは何か、さらに、その目標を達成する為の方法にはどのようなものがあるかなど、段階的に考えていくのが戦略的な思考です。

戦略的な思考を行うためには、逆算思考と俯瞰的な視点が必要となります。
将来的にその目標までたどり着ければいい、と考えるのではなく、目標は達成するものと考えて、そのために必要なものは何か、というのを考えていき、そのためには今何をするべきかを考えるのが逆算思考です。

また、その内容を全体的に考えて、問題点がないかということを様々な角度から検討するためには、俯瞰的な視点が必要となります。
例えば、今やるべきと考えたことが問題ないように思えても、5年後に問題となる可能性もあります。

また、一見無関係なところにも巡り巡って影響を及ぼす可能性もあります。
そういったことを検討するためには、俯瞰的な視点による広い視野が必要となるでしょう。

また、戦略的な思考をする際には、取捨選択も重要となります。
企業の経営では、たとえ経営上有利となりそうな場合でもリスクを考えて行わないという決断をしなければいけない場合もあります。
やるかやらないかの選択を正しく行うためにも、戦略的な思考をしなければいけません。
戦略的な思考をすることは、経営者にとってプラスとなることが多いでしょう。

経営者にとって戦略的な思考はどのように役立つ?

それでは具体的に、戦略的な思考は経営者にとってどのように役立つのでしょうか?
身近な例として、LED電球の導入について考えてみましょう。

LED電球は、従来の電球と比較して長持ちであり、電気代も安くなります。
ただし、その機材自体はかなり高価となります。
今使っている電球の場合、すべての電球で年間の電気代が20,000円、1年ごとに交換が必要で、その電球代が1度につき3,000円かかるとします。
しかしLED電球に交換すると、電球代が全部で50,000円かかるものの、年間の電気代は10,000円となり、10年間使えるとしたらどうなるでしょうか?

まず、電球をそのまま使う場合、その年の電気代と電球代は23,000円となります。
それに対してLED電球に交換した場合は、その年の電気代と電球代が60,000円となり、37,000円のコストアップとなります。
しかし、5年間のコストを考えた場合は、従来の電球の場合は電気代が20,000×5年=100,000円、電球代が3,000×5年=15,000円となるので、合計で115,000円のコストとなります。

LED電球に交換した場合は、電気代が10,000×5年=50,000円、電球は交換不要なので最初の50,000円だけとなるため、合計のコストは100,000円になります。
そしてLED電球は10年間交換しなくていいので、10年のコストで考えると従来の電球が23万円、LED電球は15万円とかなりの違いが生じます。

この場合は戦略的な思考ができれば、最初のコストだけを考えるのではなく、長期的なコストを考えてLED電球を導入することとなるでしょう。
しかし、LED電球を導入するにあたって問題点はないのか、ということを考えることも重要となるのです。
経営者にとっては、その時だけではなく将来的な成長についても考えることが必要となるでしょう。

まとめ

経営者にとって戦略的な思考は重要となります。
目の前にある問題点を解決するだけではなく、将来的に会社が発展していくために必要となることをしっかりと考えられるようになるからです。
ただ目の前にあることを解決していくだけでは、会社の現状維持はできても成長していくことは難しいでしょう。
将来的に会社を成長させるために、今何をするべきかということを考えるためにも、経営者は戦略的な思考を身につけましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

技術者不足などによる過密スケジュールがもたらすミス... 2020年問題と言われほど、IT技術者が不足していることはIT業界にとっても深刻な問題になっています...
製品の輸送中のリスク 海外取引ではその地域の文化や考え方、そして商習慣など日本とは違った部分が多くある一方で、ビジネスを進...
海外展開!意外と知られていない撤退コストを考えよう... 海外展開をしていてもうまくいかないケースがもちろんあります。 特にこれまで日本企業が強いとされてい...
医療の現場/勤務医の加重労働問題... 近年、ブラック企業と呼ばれる企業が問題視されていますが、ブラック企業とは企業のコストを削減することを...
経営に関するリスク/ハラスメント... 企業の人事労務に関するリスクをもたらす「ハラスメント」という問題があります。 例えばハラスメントに...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る