企業が介護支援対策に取り組む必要性が高まっているとご存知ですか?

人的損失リスク

日本の社会問題と企業が抱える問題は比較的リンクしやすいものです。
例えば、少子高齢化は企業にとっても大きな課題です。
子供の減少により働きの確保が難しくなり、近年では人材獲得競争が激化しています。
そこで今回は企業において現在必要性が高まっている介護支援対策について解説をさせて頂きます。

介護支援対策の必要性が高まる理由

介護支援対策の必要性が高まっている要因は、先ほどもあげた少子高齢化と平均寿命が伸びていることにあります。
平均寿命が延びたことで高齢者の数は増え続け、介護サービスの数は全然足りていない現状です。
そのような施設を増やそうとしても、そもそも少子化により働き手が足りず、増やしたくても増やせないという大きな課題があります。
このような状況から、結果的には家族が在宅で介護を行うケースが非常に多くあります。
特に介護度が低い場合は、デイサービスやヘルパーなどの介護サービスをそもそも利用できない場合や、負担額が大きく使えないなどの問題があるのです。
少子高齢化は今後も続いていくことから、この問題はまだまだ解決されることはないでしょう。
つまり、あなたの会社の従業員は今は問題なく働いていても、5年10年後は在宅介護を行いながら働くなんてケースが今後増えてくる可能性が高いのです。

介護支援対策は何をすれば良いか?

介護支援対策の必要性が高まる理由は、誰でも理解できると思います。
では、実際に介護支援対策は何をすれば良いでしょうか?
基本的には少子化対策と似た形で、働き方の多様性を認めることが必要になるでしょう。
例えば、在宅介護を行うケースが多いですから、在宅ワークを認めるなどは非常にわかりやすい対策です、
在宅ワークを行うためには、管理方法や評価方法などを新たに考える必要があるでしょう。
他にも、短時間勤務やフレキシブル勤務などの働き方も推奨するべきでしょう。
このような働き方の多様性を認めることは、介護支援対策のためだけではなく、企業を今後も存続していくために必須となります。
人材獲得競争の激化や働き手の減少などを考えると、これまでの働き方だけでは確実に人材確保ができなくなることは明白なのです。

介護支援対策は1年〜3年などの短いスパンで検討するものではありません。
介護の問題は今後5年、10年と続いていくのは間違いありませんから、中長期視点にたって対策を行っていくようしましょう。

タイトルとURLをコピーしました