海外展開時にバカにはできない駐在員の女性問題とは?

日本企業でも海外進出し、現地に支店や会社を持つケースが多くなってきました。
もちろんそこには日本人駐在がおり、現地で結果を出すために尽力しています。
しかし、そんな駐在員の女性問題が近年問題になっています。
そこで今回は駐在員の女性問題について紹介をさせていただきます。

なぜ駐在員は女性問題が発生するか?

そもそもなぜ駐在員に女性問題が発生するのでしょうか?
その理由は大きく2つあります。
一つは仕事以外が見つけられないケースです。
日本が世界的にみても娯楽の多い国だと言えます。種類も豊富ですし、何より遅くまでお店が開いています。
しかし、海外にいけば日本人が楽しめる娯楽は少ない場合が多く、またお店が早く閉まってしまい駐在員にとっては物足りなさを感じしまうケースが多いようです。
そうするうちに駐在員は孤独を感じるようになり、女性のいるお店で優しくされるうちに交際に発展する事がよくあります。
もちろん独身であれば問題はありませんが、駐在員には単身赴任で来ている方も多く、それが大きな問題となっているのです。
もう一つの理由は、生活する上で現地人のサポートが必要なことです。
駐在員は現地人からすれば比較的いい暮らしをすることができますが、とはいっても日常生活の中で不便を感じることは少なくありません。
特に、その国の言葉を100%話せるなんてことはそうそうありませんから、何か問題が起きた時などは現地の知り合いにサポートをお願いしなければなりません。
こういったお願いをしているうちに交際に発展する事が多いようです。
また、海外では地方から出稼ぎに来ている女性も多く、生活に余裕があるが孤独を感じている駐在員と、お金が欲しい出稼ぎ女性のニーズがあってしまうことも要因の一つと言えるでしょう。

女性問題はビジネスに影響する

このような女性問題はビジネスに影響を及ぼす場合もあります。
過去には、結婚していることを隠して現地妻を作っていた駐在員が、ある日結婚がバレてしまい、仕返しとしてその男性の携帯に登録されている連絡先全員に二人の関係を暴露するような内容を送信してしまったなんてこともあります。
これにより、現地社員からの信頼はなくなり、会社にも知られてしまったことにより、左遷になり最終的に退職に繋がったようです。もちろん家族とも離婚したとのことですから、人生を大きく狂わせたと言ってもいいでしょう。

このように駐在員の女性問題は会社への悪影響になりえることはもちろん、その個人の人生さえも狂わせてしまう可能性のあるものです。
そうならないためにも定期的なケアやチェックを行うようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

労災事故での休業補償は事業主も負担する必要がある?... 労働者が労働災害で負傷した場合、休業補償給付など労災保険から給付を受けるには労働基準監督署長へ請求を...
雇用環境を考える 病気・子育て・介護等と仕事の両立と障害者就労... 働き方改革についてみなさんはどれほどご存知でしょうか? 意外と言葉だけはしっているが、具体的に何を...
中小企業経営者が頭を悩ます後継者問題はなぜ起きるのか?... 中小企業が抱える問題の一つに後継者問題があります。 日本にある企業の99%が中小企業であることから...
教育業界:学校の危機管理体制の重要性... 学校教育での危機管理の定義とはどのようなことかを理解しておきましょう。 なるべく危機が起こらないた...
経営に関するリスク/ハラスメント... 企業の人事労務に関するリスクをもたらす「ハラスメント」という問題があります。 例えばハラスメントに...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る