タグ:健康経営

  • 従業員の健康管理からみる経営戦略

    高齢化社会が進む日本では、生産年齢人口(15歳から~64歳)の減少が進み慢性的な人材不足となっています。厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」によると、2017年6月時点の有効求人倍率は1.51倍となり、43…
  • 健康経営/健康管理を怠った場合の企業リスク

    企業は従業員を雇う以上、健康維持ができる労働環境を整備していくことが必要です。従業員の健康管理を積極的に取り組みとして取り入れることは、欠勤率の低下や労働意欲の向上など様々なメリットを享受することができると言えます。 …
  • 健康経営/健康経営優良法人認定・ホワイト500とは?

    企業で働く従業員、新たに企業への就職を希望する人、取引先や金融機関などが、社会的に優良企業かを判断することができる認定制度が「健康経営優良法人認定制度」です。 健康経営優良法人認定制度は、中小規模の法人や医療法人を対象…
  • 健康経営/ブラック企業とホワイト企業の違い?

    経済産業省が推進している「健康経営優良法人」という認定制度の取り組みなど、社会的に過酷な労働環境を押しつける企業であるブラック企業をできるだけ無くす動きが高まっています。 そもそもブラック企業とホワイト企業、この2つに…
  • 健康経営/なぜ人材確保に役立つのか?

    日本は少子高齢化が進んでいることで生産性の低下も企業にとって深刻な問題となっています。 現在注目されている「健康経営」は、従業員に対する健康管理を経営的な視点として捉え戦略的に実践することです。 それによって従業員が…
  • 健康経営/労働環境リスクからの脱却

    近年、従業員が心身の健康を継続できる環境で働くことができる状況を築くことが新たな経営課題として注目されています。 健康維持を従業員個人に任せるのではなく、経営者側で積極的に従業員の健康について戦略することを「健康経営」…
img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-6-12

    零細企業は採用強化しなければ廃業・倒産に追い詰められる?

    日本は空前の人材難です。 大小関係なくほぼ全ての会社が採用に頭を抱えています。 その影響は会社の…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る