企業を取り巻く様々なリスクとは

 

リスクは多方面から企業を襲う

企業を運営するにあたっては、常に様々なリスクが取り巻いている状態です。災害や事故などにより工場が火災に巻き込まれれば、生産活動が停止し操業率の低下、最悪の場合には停止するリスクがあります。

それだけではありません。規制緩和や強化など社会の動きや、消費者ニーズが多様化することで利益そのものに大影響が及ぶ場合もあります。どのような企業でも常に事業縮小、倒産というリスクと背中合わせの状態といえます。

 

企業と背中合わせと考えられるリスクの種類

企業が直面すると考えられるリスクには以下のようなものがあります。

・財産損失のリスク

地震や台風などの自然災害・爆発事故・盗難などで所有財産を損なうリスク

・収入減少のリスク

取引先の倒産などによる売上・利益減少のリスク

・賠償責任のリスク

従業員、消費者、株主、従業員などからの賠償責任を問われるリスク

・人的損失のリスク

経営者、役員、従業員の疾病・怪我・死亡・後遺症・不健康・信用損失などのリスク

・資産運用のリスク

株式投資・為替相場・商品取引・融資など資産運用上のリスク

・営業のリスク

開発・進出など営業戦略でのリスク

 

様々なリスクを回避するために検討したい対策

多種多様な企業を取り巻くリスクに対応できていない企業は、安全を軽視するなど意識が欠如している場合、安全への投資を無視している場合、注意をすれば事故は発生しないという人的依存にすり替えて考えられている場合、社会情勢・政治経済・技術に連動する経営環境の変化に対して評価・分析が行われていない場合などがあります。検討したいリスク対策は以下のとおりです。

・企業の経営を安定のために

銀行・取引先の信用力強化、従業員給与の確保、借入金返済資金の確保、後継者へ円滑な事業継承

・経営者の家族のために

死亡退職金・弔慰金対策として生活保障の資金準備、企業制度や資金の準備

・経営者と家族のために

退職慰労金対策として、功績に応じた企業財政を圧迫することのない高額な退職慰労金の資金準備、セカンドライフにゆとりを持つための資金準備

・役員・従業員のために

福利厚生制度の充実として優秀な人材確保の準備、死亡退職金や弔慰金の資金準備

他にも新規事業立ち上げや事業規模拡大が失敗した場合、特許侵害や訴訟問題が発生した場合、経営者や責任者が病気や事故を負った場合などのリスクについても検討しておく必要があります。

 

危機管理を日常から継続して行うこと

企業を取り巻くリスクは様々で、日常からリスクに対しての対応や意識が欠如しないように意識しておくことが重要です。いざリスクに直面した際に、企業存続の危険に繋がるような事態だけは防止しなくてはなりません。そのためには、それぞれのリスクに対しての備えを万全にしておく必要があります。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

事業リスクから経営を守る!... 企業を取り巻くリスクは様々なものがありますが、活動を行う上で悪影響になるリスクは低減させていく必要が...
海外進出における失敗しないコンサルタントの選び方とは?... 海外進出を検討する経営者が増えています。 特に成長著しい&物価の安いアジア諸国は非常に高い注目を集...
マイナンバー制度で個人番号カードと保険証が一体化?... 2016年からマイナンバーの通知が開始されましたが、通知カードと一緒に申請可能な個人番号カードに健康...
問題社員をかかえてしまった!企業は?... どの時代でも会社にとって問題になる社員は存在しているものですが、仮に問題社員を抱えていたとしても高度...
介護離職を防ぐ先進的な取り組みを行う企業とは?... 介護離職が問題視される中でも、企業の取り組みや対策は十分とは言えない状況です。しかし大企業を中心とし...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る