リスクマネジメントで対象とするべき企業リスクの事例とは

中小企業を経営していると様々なリスクを抱えることになります。
リスクマネジメントの上で対象になる企業リスクとその事例には次のようなものがあります。

コンプライアンスリスク

・独占禁止法違反…価格カルテル、不当廉売、入札談合行為など
・食品衛生法違反…使用基準や成分規格の不適合、指定外の添加物の使用など
・不正競争防止法違反…商品形態の模倣、原産地偽装、品質偽装表示、営業秘密漏洩など
・所得税法違反…脱税行為など
・労働基準法および労働安全衛生法違反…労災事故の不報告、残業代の不払いなど
・企業倫理違反…社内規則違反、反道徳行為など
経営・財務・人事リスク
・資金繰りの失敗、事業拡大の失敗、取引先の倒産、重要役職員の死亡や退職など
事故リスク
・建物、機械設備、車両、什器備品、システム、商品、原材料等の火災、爆発、破裂、衝突、落下、破損、汚損、盗難、故障、水濡れ、詐欺、横領など
自然災害リスク
・台風、暴風、突風、竜巻、豪雨、洪水、落雷、雪、雹、あられ、地震、噴火、津波などによる災害
PL・リコールリスク
・製品の設計、製造、指示警告による欠陥での人身および財物事故
・製品欠陥に伴ったリコール
知的財産侵害リスク
・商標権、意匠権、特許権、著作権の侵害

企業リスクは社内全体で把握を

実際に部門内で行われていることについて経営トップが把握できていないことにより、突然大きな事故や不祥事が起きてしまうというケースも見られます。

社内全体でリスクマネジメントシステムを実施し、全リスクについて管理できる体制を構築することによって事態が発生することを回避できるでしょう。

仮にリスクに遭遇した場合でも、リスクに対して的確に対応していくことが必要です。

リスクマネジメントに対する取り組みの整備は?

部門別に実施するリスクマネジメントに限界があることや、経営環境が変化することによって全体でのリスクマネジメントに対する必要性は高まっていると言えますが実施するとなると企業経営に重要な課題になります。

日本企業のリスクマネジメントに対する取り組みは進んでいない状況で、必要性自体は認めていても収益を直接もたらすことができる業務ではないのでついおろそかにしてしまうこともあるでしょう。

しかしリスクマネジメントの必要性は近年急速に求められている状況で、少しずつですが体制が整備されています。

中には全社でリスクを監視・評価したり、リスク対策についての窓口や部署を作って設置する企業もあります。

リスクと事例を把握し管理できる体制の構築を

企業は様々なリスクを抱えていますが、それに対するリスクマネジメントを実施するために社内全体の問題としてどのようなリスクと事例があるかを把握しておくようにしましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

BCP/災害時の資金調達 もし中小企業が地震災害に遭ってしまったら、そのような事態を想定し存続していくために対策をしておく必要...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(勇退退職金)... 業務に日夜精励する経営者にとって、功労にふさわしい退職金の準備が必要です。業務良否に関わらず、さらに...
経営者が論理的思考を身に付ける必要性について考える... 経営者にとって、論理的思考ができるという事は必須条件といってもいいくらい重要なことです。 しかし、...
教育業界:学校の危機管理体制の重要性... 学校教育での危機管理の定義とはどのようなことかを理解しておきましょう。 なるべく危機が起こらないた...
より良い雇用環境を作るために助成金をうまく活用しよう... 人材確保が厳しい現代において従業員の離職率を下げることや、生産性をアップさせることは非常に重要な取り...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る