倒産を防止するための保険とは?倒産リスクを回避するために

もしも取引先が法的に倒産してしまった場合や、入金が遅延することによって損害を被れば自社にまで影響が及ぶことになります。

そのような事態を回避するために、被った被害の一定部分を補う保険に取引信用保険があります。

取引先が次のような法的・私的手続きによって倒産という状況に陥り売掛債権などが回収不能状態になった場合保険金が支払われます。

・法的整理
・任意整理
・銀行取引停止処分
・夜逃げ

また、保険会社にもよりますが支払い遅延にも対応できる保険商品もあります。

取引信用保険に加入するメリット

取引信用保険はリスクヘッジだけでなく、キャッシュフローを安定させ対外信用度を向上させるといった色々な部分でメリットがあります。

どのようなメリットがあるかについては次のことがあげられます。

・与信管理を強化

保険会社の与信限度額情報を活用することにより、客観的な情報を得ることができますので与信管理体制の強化が可能です。

・対外的な信用を高める

取引先が倒産や債務不履行で売掛債権が回収不能になった場合に補償を受けることができますので、倒産リスクを低減させ対外的な信用力を向上させることができます。

・債権を回収する業務が不要

回収不能になった債権については、契約者に保険会社から保険金が支払われ、債務者には保険会社から求償するという仕組みになっていますので契約者自らが債権を回収する手間が省けます。

客観的な取引先の信用力を把握できる理由

取引信用保険に加入する際には、まず保険会社から取引先に関してのデータが求められます。

保険会社は、取引先の社名、所在地、取引実績、決算方式、支払い遅延歴の有無など必要情報を基にして信用状態の調査を行います。

信用状態の与信結果に基づいた取引先ごとの保険金支払い限度額が設定されますので、信用状態が既に悪化している取引先には与信枠が準備されないということになります。

これによって客観的に取引先がどのくらいの信用力があるかを把握することができます。

補償される保険金の算出方法

取引信用保険の補償額は一般的に次の計算式に基づいて算出されます。

「保険金=正味貸し倒れ金額×損害補填率」

取引信用保険の基本的な考え方は販売原価を補填するものなので、販売利益までは補償されないことから契約者の原価率に応じた損害補填率を設定することになります。

倒産予防の保険のメリットを理解しておく

倒産リスクに関係する専門保険が取引信用保険です。

加入することでリスクの回避以外にも取引先の状況を知るきっかけとなるなど、様々な部分でメリットがある保険ですのでリスクマネジメントの1つとして検討すると良いでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

クーリングオフ制度とは?事業者間での取引にも適用される?... 消費者を守るための制度 特定商取引法で規定された販売業者と一般消費者の間で締結した契約について、消...
会社が倒産した場合、従業員の未払い給料はどうなる?... 会社が倒産すると従業員は解雇されることになるでしょう。 突然会社の倒産と解雇を告げられてしまうと、...
会社の倒産が続出?マイナンバー制度による企業への影響とは... 平成28年からいよいよスタート マイナンバー制度がついに始まりました。住民票を有する全ての人に1つ...
技術者不足などによる過密スケジュールがもたらすミス... 2020年問題と言われほど、IT技術者が不足していることはIT業界にとっても深刻な問題になっています...
借入金が理由の倒産の種類には無借金経営が理由の場合も?... 会社を倒産させないための資金繰りの方法として、現金預金を潤沢にしておくことがあげられます。借入金の総...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る