企業のアライアンスが進んでいる理由

近年、社会情勢の変化から、業務提携を行っている企業が多いですよね。
それも同業種の企業だけでなく、異業種の企業同士でも行っていることがありますよね。
なぜ企業は、他企業と協力しながら経営を進めようとするのでしょうか?
今回は、その疑問に迫りたいと思います。

アライアンスが積極的に行われる理由とは?

みなさんは、”アライアンス”という経営スタイルを知っていますか?
これは、戦略的同盟や業務提携という意味があり、簡単に言うと企業同士で業務提携を行うことになります。
ここで、そもそもなぜ業務提携を行うのかと、疑問に思う人もいるでしょう。
このような経営スタイルを取る理由は、主に現在の経営を変化させる点にあります。

例えば、企業同士が協力することで、新しい事業を行うことができたり、サービスの拡大をすることができたりと、業務の幅が広がりますよね。
その結果、企業にとって利益が出るならば、単体で努力するよりも大きなメリットが得られると言っていいでしょう。
実際に、業務提携を選択した企業には、上記のような理由が多いです。

企業同士で協力し合うことで、新しい技術の開発に成功や新規市場の開拓に繋がったというのは、その成功例の一つになるでしょう。
しかも、メリットは事業面だけではありません。
よく、業務提携と聞くと、企業同士が合併する形なのかと思ってしまう人もいるかもしれません。
ですが、厳密には”合併“とは違う形になりますから、お金の面での細かいやり取りは基本的に少ないと考えて下さい。

あくまでも、技術等の業務に関することで、協力関係になると考えると分かりやすいかもしれませんね。

独立性を維持しながらの業務が可能な方法

アライアンスという方法を取ると、企業側にとっては独立性を保ちながら業務ができるというメリットがあります。
企業同士で業務を行うとなると、私たちはよくお金の面での問題はどうなるのかと不安に思ってしまいますよね。
しかし、協力関係における経営スタイルは、高額な資金の発生はありませんから、コスト的にも安心できる方法になるでしょう。

そのため、資金力のある企業に一方的にコントロールされる、というような状態にはなりません。
また、大きすぎる資金の移動もありませんから、協力関係を解消するとなったとしても、スムーズに解消の手続きがしやすいのです。
ですから、企業側にとって、解消によるダメージは比較的少ないですから、次の行動もとりやすい方法だと言えるでしょう。
他の方法では、中々事後処理等に時間やお金がかかりますから、負っているリスクが違うことが分かりますよね。

また、独立性があるということは、企業間でのストレスの回避にも繋がります。
どうしても業務上、様々な議論が必要になる場面がありますから、お互いに納得のいかないことも出てきますよね。
その時に、企業同士の意見が合わない、合意できないということはよくあることでしょう。
最初は些細なことであっても、積み重なってくると大きなストレスになってしまうこともありますよね。

独立性があるということは、必ず相手の意見に従わないといけないわけではありません。
一定の距離感が保てますから、余計な争いに発展することも少なくできます。
その結果、業務にプラスの影響が出てくると、お互いに気分も良いですし、また何かをやろうという気持ちになるでしょう。
相乗効果が望めると言っても過言ではありません。

お互いの良い部分を活用しながら経営ができるのは、アライアンスならではのポイントになるかもしれませんね。

参考URLカオナビ
(https://www.kaonavi.jp/dictionary/alliance/)

まとめ

今回は、企業のアライアンスが進んでいる理由について迫りました。
昨今の企業の経営状態は、どうしても企業単独だと難しい場合がありますので、新規業務を行う上でも他企業の協力は必要不可欠です。
これは、お互いに良い部分を活用し合いながら経営をしていきますから、パートナー関係にあると言ってもいいですよね。
コスト面や解消のハードルも低いですから、フラットな関係で仕事をするには向いている方法かもしれません。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る