デジタルリスクへの企業の取り組みを考える。

今や多くのモノがデジタル化している現在、企業も様々な形でかかわりを持っているでしょう。
しかし、環境が変われば生じるリスクも変わり、そのリスクに対する取り組みも変化せざるを得ません。
デジタル化によって生じるデジタルリスクに対して、企業はどう取り組んでいくべきでしょうか?

デジタルリスクにはどのようなものがある?

デジタル化によって企業に生じるリスクとしては、どのようなものが考えられるでしょうか?
まず、どのようなデジタルリスクが生じるのかを考えてみましょう。

デジタル化によって大きく変わったのが、情報の発信です。
昔であれば、情報を発信するためには広告を出す、ポスターを作る、テレビでCMを流すといった方法をとるしかありませんでした。

しかし、その後はウェブサイトを作成することで簡単に情報を発信できるようになり、さらに今ではフェイスブックやツイッターなどのSNSを利用することで、企業だけではなく個人でも簡単に情報を発信できるようになっています。
YouTubeを利用して、CMを流している企業も少なくありません。

こうして簡単に情報の発信ができるようになったのですが、そのことで新たなリスクも生じるようになりました。
また、ユーザーからの声も届きやすくなった結果、炎上という問題も生じるようになったのです。

情報発信に伴うデジタルリスクとして、よく言われるのがSNSの投稿内容についてです。
企業としてのアカウントを使って、不適切な発言をしてしまったというニュースはよく見かけるでしょう。

例えば、会社の不祥事が発覚したことを知らずに、SNS担当者が休暇中に旅行しているところをSNSに投稿した場合、それがきっかけで炎上することもあります。
拡散するスピードが速いため、問題となるのもあっという間なのです。

また、デジタル化によって情報の流出がしやすくなったというリスクもあります。
紙の書類は、会社から持ち出すのも大変でしたが、デジタル化したことで簡単にデータの移動ができるようになり、ネットワークを通じて流出することも増えています。

小見出し

デジタル化によって利便性が向上することは良いことですが、そのせいで新たなリスクも生じているのです。
しかし、今更デジタル化を辞めようというのは難しいため、企業はリスクへとの対処をしていかなくてはいけないのです。

企業が行うべきデジタルリスクへの対処として、まずは不用意に情報を発信しないように社員教育を改善していくことです。
どのようなことが不適切になるのか、その認識を共通のものとしましょう。

また、炎上してしまったときに備えて、担当者をきちんと決めておくことが重要です。
炎上は初期対応がきちんとしていればそれほど大きくならずに消火することもできるので、いち早く対応できるような体制を整えましょう。

情報流出に備えるには、まず会社のデジタル管理をきちんと行うことが大切です。
不要にデータを持ち出せないようにして、ネットワークに接続するパソコンはセキュリティを厳重にしておくべきです。

しかし、デジタル面でのセキュリティはその安全性がわかりにくいので、体制を整える時にはまず専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。
その方が、費用と効果を考えあわせたセキュリティ体制を構築しやすくなるでしょう。

まとめ

現代において、デジタル化の波は多くの企業に影響し、避けようがないものとなっています。
しかし、デジタル化をすることで新たなデジタルリスクが生じてしまうので、記号はそのリスクにどう対処するべきかを考えておく必要があるでしょう。
デジタルリスクへの対処を進めていくには、まず専門家からアドバイスを受けることをお勧めします。
そうしたほうが、無駄なく対処できるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナンバーは分散管理が大切!事業者が行うべき対応は?... 平成28年1月から税や医療や年金、介護、福祉、労働保険など社会保障手続き、災害対策分野でマイナンバー...
業績給ボーナスを導入することが人材確保につながる?... 中小企業の多くが現在恒例化しており、今後生き残って行くためには世代交代が必要不可欠です。 しかし、...
弁護士の【セカンドオピニオン制度】は必要なのか?... 病院などにかかる際、一人の医者による診断だけではなく他の医者にも診断してもらって意見を聞いてみる、セ...
医療の現場/勤務医の加重労働問題... 近年、ブラック企業と呼ばれる企業が問題視されていますが、ブラック企業とは企業のコストを削減することを...
粉飾決算を企業が行うリスクとは?... もしも中小企業が銀行から融資を受けるために財務状況を良く見せようと粉飾決算を行い、その事実が銀行に分...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る