リスクファイナシングで攻めの経営を行おう!その方法とは

企業経営は常にリスクを伴うものですが、そのリスクは今後ますます存在感を増すでしょう。今回はそのような現在の状況に備えるために重要なリスクファイナシングについて解説させて頂きます。

リスクを冒さなければいけない時代になった

リスクファイナシングを解説させていただく前に、なぜリスクという言葉が今頻繁に聞かれるようになっているかを正しく捉えましょう。
結論から言えば、企業を存続させるためにリスクを冒す必要性が高まっていることが原因と言えます。
現在はあらゆるものの変化スピードが非常に上がっており、10年ひと昔という言葉が当てはまらず3年で環境がガラリと変わってしまいます。
日本経済は成熟し、あらゆる業界でサービスの同質化が起き、顧客から選ばれ続ける事は非常に困難になってきていると言えます。
このような背景の中、会社の業績を伸ばし続けようとすれば、前進するしか方法はありません。前に進む意識が会って初めて現状維持が可能になります。
企業経営において「前進する」とは、新たなチャレンジを繰り返す事です。
コレまで行ってこなかったような販売促進活動や営業活動を取り入れたり、新たに設備投資を行ったり、新業種にチャレンジしたりなどを常に行って行かなければなりません。
そして、このようなチャレンジには常にリスクが伴います。
だからこそ、リスクマネジメントやリスクファイナシングなどの存在感が日々増しているのです。

リスクファイナシングとは?

リスク処理を行う方法は、リスクファイナシングとリスクコントロールに分けられますが、ここではリスクファイナシングについて解説させていただきます。
リスクファイナシングとは、発生する損失に対して、金銭的・財務的な手当を出し損失に備える手段の事です。
リスクファイナシングは移転と保有の2種類があります。
言葉は少し難しいですが、コレらは非常に単純です。
リスクの移転とは、第3者に財務的なリスクを移転することを意味します。
具体的には、発生する損害を第3者に負担してもらいます。
リスクの移転で最も多く利用されているのは保険です。
次にリスクの保有は、発生した損害を自ら負担する事です。
発生したリスクを分析し、その大きさを正確に捉え対策を講じます。

経営者は自社にあったリスクファイナシングの方法を見極め、あらかじめ前準備することが非常に重要です。
いわばリスクファイナシングは守りの戦略ですが、コレがあるからこそ企業経営の基礎が固まり、大胆な攻めが可能になるのです。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者の決断の早さが幸せな廃業をもたらすのは何故か?... アベノミクスで日本経済は成長したと言われていますが、実際はほとんどの中小企業がこの恩恵を受けることが...
起業する際に必要になる「定款」とは?... 会社の規則を策定するものが定款 法人を設立する際に作成する「定款」は、会社の憲法のようなものです。...
経営の「見える化」は業務の抱える問題を解決するのか?... 経営の見える化が重要という言葉は耳にタコができるほど言われていることですが、実際に実行できている企業...
教育業界:学校における個人情報保護と情報セキュリティ... 学校で個人情報保護を行う必要性と、個人情報保護をすることでどのような利益をもたらすことになるかを全体...
教育業界:海外派遣留学を希望する学生について学校に必要な対応とは?... 日本の大学から海外へと留学を考える学生は増えていますが、学生が海外で学ぶことについて大学や団体はそれ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る