教育業界:学校の危機管理体制の重要性

学校教育での危機管理の定義とはどのようなことかを理解しておきましょう。
なるべく危機が起こらないために策を講じておくことをリスクマネジメントと言いますが、危機が発生した後に行う危機管理をクライシスマネジメントと言い、危機を未然に防ぎ実際に起きた時の体制など、マニュアルを整備しておくことも必要になります。
危機管理体制の整備を行うには、危機を防止する対策、危機が発生した時の対応、再発防止に向けての対策など、これらを含めて行う必要があります。


学校での危機管理の必要性
学校教育の現場では、学生が安心して学ぶことができるように事故や災害がいつどこで起りうるかを予想が困難な時もあります。
しかし何の対策も無いということではなく、危機を防止して被害を低減することは可能になります。
地震による被害、感染症や食中毒への対策、不審者侵入への対策といった部分でも危機管理体制を確立しておくようにしましょう。
学校で危機管理を実施する目的
学校教育の現場においての危機管理の目的は、子供と教職員の生命を守る、両者の信頼関係を維持して組織運営を守る、保護者や(地域社会)からの信頼を守るといったことです。
危機管理のプロセスとしては、リスクマネジメントで事前の対策を講じて、事後の管理はクライシスマネジメントで行います。
・リスクマネジメント
過去に起きた事例を参考に、危機が発生した原因や経過について分析していきます。なぜ危機が発生したのか、前兆などはなかったかについても確認して危機を予測する方法はないかを探ります。
学生数や社会の現状を踏まえて、起きる可能性がある危機を想定していきます。施設や設備の定期点検、各種訓練などにより危機が発生することを未然に防ぎましょう。
保護者、地域住民、関係機関や団体とも上手く連携を図りながら、危機管理体制を構築していくことが必要です。
・クライシスマネジメント
リスクマネジメントで事前に危機が発生しないように予防していたとしても、緊急事態は発生してしまうケースもあります。
そのため学生の安全を守り被害を最小限度に留めることができるように、保護者や関係者へ迅速に連絡や説明が行えるようにします。
緊急事態が発生した時に行った対応については、後で総括して再発防止対策などを検討していくことになります。
定期的な危機管理体制の見直しを
学校で実施する危機管理は、リスクマネジメントとクライシスマネジメントというプロセスを経由することになります。
どのように危機を未然に防止するかについては、定期的に評価と改善が必要になります。都度、状況が変わっていけば必要になる対策も異なって来ますので、最適な策を実践できることが重要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

原発事故で影響を受けて倒産も!企業に必要な危機管理体制... 2011年に起きた東日本大震災では危機管理マニュアルが存在していたのにもかかわらず、政府の危機管理体...
もしもリコール問題が発生したら?製品事故への備えとは?... 問題のある製品は自主回収の必要が発生 近年では消費者保護を目的とした法律が整備されるようになり、製...
株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...
飲食・食品業:飲食店が食中毒を出してしまうと行政処分の対象に?... 飲食店などに対する保健所の食品衛生監視指導とは、飲食に起因する衛生上の危害が発生することを防ぐための...
従業員の健康問題は経営にどう影響するのか?... 昨今、企業の経営において注目されているのが、従業員の健康問題です。 なぜ注目を集めているかというと...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る