社会福祉法人は役員の責任が重くなる?保険で補償を確保して

改正社会福祉法施行が2017年4月1日に迫っている状況ですが、この改正の大きなポイントは経営組織が見直しされることです。

評議員、評議委員会の設置の義務化、役員の業務運営義務と責任の明確化など、役員や評議員に対して損害賠償責任と罰則が強化されています。

現在地震が各地で多発している状況ですが、もしも津波で高齢者が避難できずに亡くなってしまったら責任を追及される可能性は否定できません。

損害賠償請求に備えた保険の検討を

理事長、執行理事、評議員など役員は、安心して業務執行するために従業員や利用者からの訴えや、職務怠慢を理由とする法人からの損害賠償請求に備えて、社会福祉法人向け役員賠償責任保険を検討する必要があります。

役員の訴訟リスクとは?

役員はどのような訴訟リスクを抱えているのか、具体的には次のようなリスクがあります。
・利用者からの賠償請求リスク

利用者からサービス提供内容が約束通りでなかったと訴えられ、支払った利用料とサービスの対価の差額について業務担当理事へ請求される
・近隣住民からの賠償請求リスク

近隣住民から施設の騒音がひどいと訴えられ、改善策を講じたものの住民は騒音を理由に引越しすることとなりその費用が請求されるなど
・従業員からの賠償詰求リスク

従業員から昇給や昇格が遅れたのは不当評価であると訴えられ、本来受け取ることができたはずの給与に対して理事長と人事担当理事に請求がされる
・法人からの賠償請求リスク

経理担当者が長期に渡って横領をしており、行政から是正を求められたことで担当理事を含んだ役員全員に善管注意義務への任務怠慢責任を追求し、さらに理事と監事には賠償請求を行うなど

社会福祉法人向け役員賠償責任保険(D&O)とは?

様々なリスクを抱える中で業務遂行の妨げにならないように、一般的な会社役員賠償責任保険(D&O保険)でも社会福祉法人用というプランを販売している保険会社もあります。

いいがかりのような損害賠償請求に対して争訟費用や、他役員の監督義務を怠ったとしての損害賠償請求についても補償されます。

損害賠償金だけでなく、弁護士報酬や訴訟費用などの争訟費用も補償されるので安心です。社会福祉法人を運営するならぜひ検討しましょう。

役員個人を守る保険

役員の責任が重くなると、今後役員に就任することを拒否する人も多くなるかもしれません。

しかし会社役員賠償責任保険は、退任している役員や、期間中に新しく役員になった人、この人たちの相続人まで補償されるという特徴があります。

さらにこの保険は役員個人を守る保険であるという特徴を持ちながら、会社訴訟補償特約部分の保険料以外の保険料は法人負担でも可能です。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

海外進出における失敗しないコンサルタントの選び方とは?... 海外進出を検討する経営者が増えています。 特に成長著しい&物価の安いアジア諸国は非常に高い注目を集...
企業が行うことができるテロ対策とは?... テロに対する危機感が高まりつつある 現在増加の一途をたどる訪日外国人数。日本国内でのテロの発生もイ...
「ヒューマンエラー」が企業経営にとって深刻な理由... ヒューマンエラーは日本語に訳すと「人為的間違い」という意味になります。 システムで定義された許容限...
飲食店が損害賠償請求されるケースは?賠償責任保険で備えを... 飲食店には不特定多数の人が来店し、食べるものを提供することで様々な面でのリスクが背中合わせの状態です...
地震が発生した場合の従業員の帰宅に対する対応  ...   地震により起こりうる様々なリスク 熊本の震災が最近では記憶に新しいですが、近年日本...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る