福祉・医療事業:天災が起きた時のための医療機関ができる事前対策とは?

大災害が発生した場合、建物やライフラインが被害を受けるだけでなく医療ニーズが高まる事態になるでしょう。
しかし災害によって被災するのは一般の人だけでなく、病院で勤務するスタッフや病院そのものでもあります。
医療資源や人材は限られることになり、その中で傷病者を対応することに限界が生じることもあるでしょう。
そのため、病院としての機能を継続することを可能とするためにも、事前に事業継続計画(BCP)=医療継続計画(MCP)に対する取り組みを講じておくことが必要です。


病院でBCPを実施する意味
災害時に発生する医療ニーズに対応するためには、具体的な対策を検討しておくことが必要です。
病院でBCPを実施することによって、災害時の医療供給能力が低下してしまうことを抑制することにも繋がるでしょう。仮に医療供給能力が低下してしまっても、機能を復旧させるまでの時間短縮にも繋がると考えられます。
災害時に医療提供を継続するための計画
医療継続計画(MCP)では、災害時の医療提供が継続できるような事前計画が必要になります。
緊急性の高い状況下のもとで、どの業務を優先すべきかを判断することも求められます。現状の問題点と合わせながら事前に検討しておくと、災害が起きたことで機能と人材が限定されたとしても組織的な対応が可能になるでしょう。
有効性の高い対策を導入すること
地震による揺れで建物が被害を受けることを考えて、建物の耐震補強をしたとしても非常用発電機容量が不足していることや、給水状況が悪いといったライフラインの遮断により病院機能が一時的にストップしてしまう可能性もあります。そうなれば患者さんは他の医療機関へ移送することになるでしょう。
手術機能を継続するためには、モニターやエックス線などの医療機器、医療ガス、電源、空調など手術室内の設備機能を確保すること、そして医療資材や薬剤などの確保、エレベーターの運行や搬送ルートの確保と、様々な部分で確保しておくべきこともあります。

BCP対策の主な例
・建物の耐震性を強化すること
・非常用電源を確保しておくこと
・給水の確保をしておくこと
・災害時の救急医療に対する備えをしておくこと
・想定外の事態によるボトルネックを排除すること
災害に備える医療施設計画
災害時に起きる事態を想定しておくことによって、非常事態が起きた場合でも患者さんの受け入れや医療提供がスムーズになるでしょう。
平常時の機能を回復させるだけでなく、トリアージスペースを確保するといった新たな医療ニーズについての対策も必要です。
緊急性の高い患者さんにも対応できるように、事前に緊急対策用の設備を装備しておくなど、その病院に合う対策を検討していきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業に求められる情報セキュリティ対策の必要性... 情報化社会の利便性はいつもリスクと隣合わせ インターネットや情報システムは、現在企業や組織を運営す...
経営者の放漫経営で倒産した場合に社員は訴えることが可能?... 例えば経営が面倒になってしまった会社の経営者が、このまま会社を続けても仕方がないのでいっそ潰してしま...
海外展開する際は必ず取引先の与信チェックを行いましょう... 日本国内の市場成熟による売り上げの低迷や、インフラ整備による海外展開のハードルが下がったことにより日...
従業員の健康問題は経営にどう影響するのか?... 昨今、企業の経営において注目されているのが、従業員の健康問題です。 なぜ注目を集めているかというと...
リスクファイナシングで攻めの経営を行おう!その方法とは... 企業経営は常にリスクを伴うものですが、そのリスクは今後ますます存在感を増すでしょう。今回はそのような...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る