働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?

働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。
実際、いくつかの企業で働き方革命の一環としてノー残業デーやフレキシブルな勤務体系を設けるなどの取り組みが行わられています。
そこで今回は今取り組むべき労働生産性を高める取り組みについて解説させていただきます。

労働生産性はなぜ意識する必要があるのか?

働き方改革ととも労働生産性も注目を浴びていますが、なぜ労働生産性は注目されているのでしょうか?
それは現代が抱える社会問題と時代の変化が大きく影響しています。
社会問題の一つは生産年齢人口の減少です。
つまり、働き手が今後ますます減少していくことが止められないからこそ、一人当たりの生産性を高くしなければならないということです。
時代の変化とは、働き方の多様化です。
これまでは一つの企業に属して定年まで働くことが良しとされていました。
しかし、今では転職することは一般的ですし、フリーランスのようにどこの会社にも属さずに仕事を行う人が増えています。この流れは今後ますます加速しますが、この影響により労働者の流動性が非常に高まっているのです。
つまり、ただでさえ働き手が減っているにも関わらず、さらに働き手には企業で働く以外の選択肢がたくさん登場いていることから人材確保・定着が非常に難しい時代に突入しました。
このような背景から働き方改革という言葉が登場し、そのための必須条件として労働生産性の高さが求められているのです。

労働生産性は高める取り組みとは?

労働生産性とは、従業員一人当たりが稼ぐ利益額と考えていただければ少し理解はしやすいかと思います。
要するに、高い労働生産性とは、従業員一人一人が大きな利益を獲得することを意味します。
そのための方法はいくつかあります。
一つは、「無駄の排除」です。
日々の業務の忙しさで隠れていますが、業務の棚卸をしてみると必要のないことやもっと簡略化できることに時間を割いているケースが多々見受けられます。そのような無駄を一つ一つ排除することで生産性はアップします。
二つ目は、「分業制・チームーワーク」です。
属人性の高い仕事が多ければ多いほど生産性は止まってしまう傾向にあります。そのため業務を分業化し、できるだけ属人性を排除し、チームで仕事を行うようにすることで高い生産性を実現できます。さらに、これには新人の即戦力かという大きな副産物がついて来ます。
属人性が低いほど新人が早く業務を覚えることができるため、早いうちから売り上げに貢献することができます。
これは労働生産性アップに非常に貢献します。

働き方革命を国が推奨しているから労働生産性を意識しなければならいのではありません。今や、高い生産性は企業経営を行う上では必須事項になっているのです。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る