働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?

働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。
実際、いくつかの企業で働き方革命の一環としてノー残業デーやフレキシブルな勤務体系を設けるなどの取り組みが行わられています。
そこで今回は今取り組むべき労働生産性を高める取り組みについて解説させていただきます。

労働生産性はなぜ意識する必要があるのか?

働き方改革ととも労働生産性も注目を浴びていますが、なぜ労働生産性は注目されているのでしょうか?
それは現代が抱える社会問題と時代の変化が大きく影響しています。
社会問題の一つは生産年齢人口の減少です。
つまり、働き手が今後ますます減少していくことが止められないからこそ、一人当たりの生産性を高くしなければならないということです。
時代の変化とは、働き方の多様化です。
これまでは一つの企業に属して定年まで働くことが良しとされていました。
しかし、今では転職することは一般的ですし、フリーランスのようにどこの会社にも属さずに仕事を行う人が増えています。この流れは今後ますます加速しますが、この影響により労働者の流動性が非常に高まっているのです。
つまり、ただでさえ働き手が減っているにも関わらず、さらに働き手には企業で働く以外の選択肢がたくさん登場いていることから人材確保・定着が非常に難しい時代に突入しました。
このような背景から働き方改革という言葉が登場し、そのための必須条件として労働生産性の高さが求められているのです。

労働生産性は高める取り組みとは?

労働生産性とは、従業員一人当たりが稼ぐ利益額と考えていただければ少し理解はしやすいかと思います。
要するに、高い労働生産性とは、従業員一人一人が大きな利益を獲得することを意味します。
そのための方法はいくつかあります。
一つは、「無駄の排除」です。
日々の業務の忙しさで隠れていますが、業務の棚卸をしてみると必要のないことやもっと簡略化できることに時間を割いているケースが多々見受けられます。そのような無駄を一つ一つ排除することで生産性はアップします。
二つ目は、「分業制・チームーワーク」です。
属人性の高い仕事が多ければ多いほど生産性は止まってしまう傾向にあります。そのため業務を分業化し、できるだけ属人性を排除し、チームで仕事を行うようにすることで高い生産性を実現できます。さらに、これには新人の即戦力かという大きな副産物がついて来ます。
属人性が低いほど新人が早く業務を覚えることができるため、早いうちから売り上げに貢献することができます。
これは労働生産性アップに非常に貢献します。

働き方革命を国が推奨しているから労働生産性を意識しなければならいのではありません。今や、高い生産性は企業経営を行う上では必須事項になっているのです。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

運送業:運送業が抱えるリスクとは?交通事故以外にもリスクは様々... トラック運送業者にとって交通事故が経営に与える影響は大きくまさに死活問題と言えます。 重大事故は多...
商品をブランドに変えていくためにどのようなことを考えていくべきか?... 現代はあらゆる業種業態、商品・サービスにおいて同質化が進み、価格競争が起きています。 そのような状...
虚偽情報で倒産寸前!?企業の信用性低下によるリスクとは?... インターネット上で広く普及しているSNSなどで企業に対する間違った情報が流れ、社会的信用を失ってしま...
介護の現場/法律でひもとく介護事故... 高齢者の介護には多くの介護職が家族をサポートすることになりますが、利用者の権利や介護職の法的立場を理...
労災事故を防ぐ!事業場が守るべき「労働安全衛生法」とは?... 労働安全衛生法とは? 職場での労働者の健康と安全を確保するために職場環境を快適に形成することを促進...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る