コンサルティング力はこれから誰もが持つべき能力になる?

世の中には様々な種類のコンサルタントが存在します。
経営をサポートする経営コンサルタントや、営業力アップをサポートする営業コンサルタントなど現代は多くのコンサルタントが活躍しています。
そこで今回はコンサルタントが持つコンサルティング力について解説させて頂きます。

コンサルティングとは何か?

コンサルティングとはクライアントが抱える問題の解決策を示すことで、その発展を手助けする業務を意味します。
採用に対する解決策を持っていれば採用コンサルティング力、受注率をあげる営業トークができるなら営業コンサルティング力を持っているということができます。
また、コンサルタントは資格がなければできないと思っている方もいるかもしれませんが、基本的には無資格で行うことができます。(中小企業診断士などを持っている方が多いですが。)
つまり、実は誰でもコンサルタントになることができるということです。
もしあなたが日々の業務の中で、他人の知らないノウハウを身につけているならば、それを武器にコンサルティングを行うことができるのです。

誰もがコンサルティング業務を行っている

そして、実はすでに多くの方が知らず知らずのうちにコンサルティング業務を行なっていますし、今後その流れは加速していきます。
例えば、あなたが小売店に化粧品を卸す会社の営業マンだとします。
あなたは小売店を回って新規開拓をします。
その時の営業トークとして、品揃えの豊富さや卸価格などを武器に営業を行うはずです。そして、より受注率をあげるためにサポート業務として売上が上がる商品ポップの作り方やポップそのものの提供、陳列方法の提示などをサポートするとします。
これらはすでにコンサルティングの領域に入っていると言えます。
なぜなら、これまでの小売店の実績をもとに、売上の上がる方法をルール化し、そのノウハウを提供しようとしているからです。
このような例は、当然化粧品卸業界だけの話ではなく、あらゆる業界に起きている現象です。多くの業界がすでに成熟期になり、市場が縮小しています。
つまり、需要と共有のバランスが崩れ、供給過多になっている状況なのです。
このような状況では、ただ商品やサービスそのものを売っていても他者商品との違いが生まれず売上は伸びません。
だからこそ、先ほどの例のようなコンサルティングに近い業務領域が広がっていると言えるのです。

このように、遠いと思いがちのコンサルティング力はビジネスマンであれば実は誰もが持っている能力なのです。それを磨き上げ、武器にすることがこれからの時代求められていることなのです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

リーマンショックとは?世界的金融危機による影響... リーマンショックについて 2008年9月、アメリカ第4位の投資銀行だったリーマンブラザーズは、高リ...
健康経営/健康経営優良法人認定・ホワイト500とは?... 企業で働く従業員、新たに企業への就職を希望する人、取引先や金融機関などが、社会的に優良企業かを判断す...
現地での日本人管理者の重要性!海外展開ビジネスリスク... 海外進出を行う際は、日本人管理者を置く場合がほとんどだと思います。 いわゆる駐在員と呼ばれるやつで...
未払い残業/「うちは大丈夫」... ある日突然、以前勤めていた社員から、働いていた時の残業代の支払いを求める内容証明が会社に届いたらどう...
企業のBCP(事業継続計画)の必要性とは... 災害や事故等に備えた企業が行うべき取り組み 災害や事故はいつ発生するのか、誰も予測が付きません...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る