従業員の低い就業意識を向上させる効果的な研修とは?

会社経営を行う上で、従業員の就業意識は非常に大きな問題です。
経営者は会社の中でも最もモチベーションが高く、仕事ができるはずですかあら、どうしても従業員の就業意識を気にしてしまうものです。
そこで今回は、そのような従業員の就業意識を向上させる研修に解説させて頂きます。

従業員の就業意識を向上させる研修とは?

従業員の就業意識が低い原因は様々です。
「給料への不満」「社員間のコミュニケーション」「将来への不安」など一人一人抱える問題は違うものです。
前もってお伝えすると、これらを研修のみで解消することは不可能です。
評価制度やコミュニケーション手段などこれらの不満は複雑に絡み合う事から、あらゆるものを同時に改善する必要があるからです。(そもそも従業員全員の満足度を満点にすることは不可能です。)
これをご理解いただいた上で、就業意識を向上させるきっかけとなる研修についてです。
先ほど触れたような従業員の不満は、結局は不安が不満に変わっているケースが多いようです。
特に多いものがコミュニケーション不足による不安が不満になるパターンです。
この手の不安は中小企業であればあるほど、まだ改善しやすい傾向があります。
なぜなら、経営陣と従業員の距離が近いからです。
個別面談を実施するだけでも少しは効果があると思いますが、行う研修としてもコミュニケーションが円滑になるようなものがいいでしょう。
例えば、何か一つのゲームに取り組むものや、本質的な性格を把握するような研修などは非常に有効です。社員旅行なども一つの手段でしょう。
また、将来の不安などは、技術などの講習会を増やすことも有効ではありますが、そもそも会社の行く末が見えない事から不安を抱くことが多いため、経営者が実現しようとしているビジョンなどを共有する研修を開いてもいいでしょう。
年始や決算月などに経営方針発表会を行ったりする企業も多くあります。
また、その際に同時に社員表彰なども行うことで、会社の将来についても共有でき、社員とのコミュニケーションも同時に行うことができます。

従業員の就労意識が最も業績を左右する

これまで従業員の就労意識改革のための研修について解説させて頂きましたが、
従業員の就労意識は会社の業績を左右する大きな影響力を持っています。
経営資源が「ヒト・モノ・カネ」と言われていますが、この最初にヒトがきているように、最も重要な部分なのです。

従業員の就労意識が変われば、会社全体の生産性が上がり利益が残る経営体質を実現することができます。
売上の伸びに悩む経営者の方は、是非一度従業員の就労意識改革に取り組んでいただければ幸いです。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

訴訟が起きるケースとは?様々な企業のリスクについて... 近年、危機管理は企業にとって他人ごとではありません。 もしも不祥事などが発生すれば、直ちに信用を失...
経営に関するリスク/不正な利益供与... 日本でビジネスを展開していれば、いずれは市場規模の大きな海外で勝負をしたいと考える経営者も少なくない...
商品をブランドに変えていくためにどのようなことを考えていくべきか?... 現代はあらゆる業種業態、商品・サービスにおいて同質化が進み、価格競争が起きています。 そのような状...
経営に関するリスク/過剰接待... 交際費は事業に必要な支出なのに経費性が制限されていますが、これは無限に経費とすることを認めてしまった...
働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?... 働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。 実際、いくつかの企業で働き...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る