雇用保険とは?労働保険の未加入に注意!

労働者を守るための保険

雇用保険は失業保険といわれることもありますが、労働者が何らかの理由により働けなくなって失業した場合、再就職するまでの一定期間に一定の給付を行う保険です。一般的には労働保険として、労災保険の納付と一体のものとして取り扱われます。

 

雇用保険適用事業所の加入義務

事業所の規模に関係なく個人事業主であっても、週の所定労働時間20時間以上、かつ雇用見込日数31日以上である雇用を行った場合、雇用保険に加入する必要があります。事業所によっては、条件を満たしているのに加入していないケースや数か月経って加入するというケースも見られます。雇用保険加入は事業主の義務であることを認識しておく必要があります。

 

雇用保険の特徴

雇用保険は失業した際の失業保険料、雇用のための教育訓練、就職活動の費用に充てられる保険です。加入した場合には、労働者の給与から天引きとなり事業主が事業主負担分と合せて納付します。事業主が負担した分については損金もしくは必要経費として計上することができます。

 

労災保険の特徴

労災保険は失業保険とまとめて労働保険として扱われることが多いですが、雇用保険とは別のものです。労働者が通勤中や勤務中に災害に遭った際に保険金が支給されます。通勤災害や労働災害は、それらの治療費や慰謝料の負担が発生すると多大な金額を背負うことになるため、最悪の場合倒産するという可能性も出てきます。このようなリスクを回避し、最小限に抑えるために補てんする保険です。労災保険はパートなどの短時間就労者やアルバイト勤務であっても原則加入する必要があります。なお、労災保険の保険料は全額損金、もしくは必要経費として計上できます。

 

加入方法について

雇用保険、労災保険等労働保険の加入手続きは、事業の業種によって異なりますが例外(農林漁業や建設業以外の業種以外)であれば、地域の管轄となっている労働基準監督署に「保険関係成立届」と「労働保険概算・確定保険料申告書」を提出します。その後、管轄の公共職業安定所で雇用保険加入手続を行うという流れです。なお、雇用保険加入手続の際には、労働基準監督署で交付される労働保険番号が必要となります。専門家に依頼しなくても事業主本人で手続が可能ですが、専門家に依頼する場合は独占業務として行うことができる社会保険労務士に依頼しましょう。

 

未加入の際にはペナルティが発生する

個人事業主でも規模が小さい事業所でも、人を雇用すれば雇用保険の手続きが必要です。労災保険に加入せずに労災事故が発生しても労働者は労災保険から給付を受けることができ、その全額もしくは40%を事業主から徴収、さらに最大2年間遡って保険料が徴収されます。雇用保険には6カ月以下の懲役または30万円以下のという罰金の規定が設けられています。また、労働者が本来であれば受け取ることができた保険給付を受け取れない場合には、損害賠償請求が起きる可能性も否定できません。適用事業所である場合には必ず加入しておくようにしましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

インターネットトラブルによる企業のダメージは?... 誰もが気軽に情報を発信でき、また、見ることのできるインターネットは、今や生活に欠かせないツールとなっ...
アメリカ輸出時における製造物責任(P/L)法対策!海外展開ビジネスリス... あなたが製造業を行っており、海外輸出を行っている場合PL訴訟リスクは常に付きまといます。そこで今回は...
運送事業の最低車両台数は貨物自動車運送事業法の定め?... 貨物自動車運送事業の運営を適正、そして合理的なものにするために貨物自動車運送事業法というものが定めら...
福祉・医療事業:福祉施設においての賠償問題を考える... 近年日本は少子高齢化が進み、それに伴って社会福祉を取り巻く環境が大きく変化しています。 社会福祉法...
後継者不足による廃業にならないための対策方法を考える... 日本の企業の多くの経営者が現在後継者不足に頭を抱えてします。 実際、後継者がいないことにより会社が...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る