年金制度が破綻するリスクは?少子高齢化による年金への不安

企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。

年金制度が破綻してしまい将来年金を受け取ることができないという可能性があれば、地道に毎月年金保険料を支払っている人にとっては意味のないものになってしまいます。

年金制度は持続できる仕組み?

年金は物価が上昇した場合には物価の上昇までの給付額というマクロ経済スライドが導入されているため、給付額は抑制されていると考えられます。

そのことから考えられるのは、高齢化によって高齢者数が増加したとしても必要になる年金額の増え方に限界があるため保険料や給付水準の改定が実施されていけば年金制度は持続できるということです。

しかも年金制度の破綻は国にとって大損に?

年金給付に発生する額は50兆円。これは日本にとってかなり大きな負担ですが、この巨額な金額が必要になる年金制度を維持しなければもっと損することになります。

年金制度を破綻させて国を存続させることになった場合、最低限度の生活を国民に対して保障しなくてはいけない国の立場としては生活保護により人々の生活を保障することになるでしょう。

そうなれば年金制度のように保険料による徴収がない状況での保障となるため、保障費用は全額国の財源からということになります。

年金制度に対しての国庫負担額は現在11兆円となっていますが、これが生活保護になればかなりの額がオーバーすることになります。

年金継続は年金改正が実施されることが条件

将来的な年金受給開始年齢は70歳になると予想されますが、年金受給開始年齢を引き上げれば制度の破綻リスクも軽減できることになります。

その理由として日本人の平均寿命が延び続けていることがあげられますが、寿命が延びれば年金の受給期間も長くなるので開始する年齢を引き上げる必要があります。

ギリシャを例にとって考えてみると、ギリシャでは数十年間年金制度の改正は行っていませんでした。

結局ギリシャは財政破綻という結果になったわけですが、年金破綻を防ぐためには改正ということも必要になってくるということが言えるでしょう。

さらには年金積立金での補てんも可能

実は年金の保険料は将来の年金を支給するために積み立てられています。

年金積立金運用ファンド(GPIF)がそれにあたるもので、現在約130兆円年金積立金があると考えられます。

仮に4兆円ずつを年々取り崩したとしてもあと約30年は積立金から補うことができるでしょう。

年金制度が破綻しなかったとしても

現在の年金制度は現役世代が納付した保険料を年金受給者の年金に充てるという形の賦課方式で運営されていますが、この方式で運営がスムーズにできていたのは年金受給世代の数が現在よりかなり少なかったということがあげられます。

しかし少子高齢化により、年金受給者を支える現役世代は確実に減少していくと考えられます。

年金制度が破綻するということは考えにくい状況かもしれませんが受給年齢の引き上げや受給額の減少、そして制度が都度改正されていくことが考えられます。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?... 地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業...
チームワークが分担作業よりも好結果を生み出す理由とは?... 人間一人の力には限界があります。 会社経営にも同じことが言え、会社の規模を大きくするには一人ですべ...
最も廃業率が高い業種は?傾向を知り経営に役立てよう... 成熟社会の今、会社経営は非常に難しいものです。 経営者は常に会社を存続させるために頭を悩ませなけれ...
まるで原爆!?米国は日本をヘリコプターマネーの実験場にする?... 2016年7月12日に総理大臣官邸を訪問した元アメリカFRB(連邦準備制度理事会)の議長だったベン・...
経営に関するリスク/納入業者の倒産... 突然納入業者などの得意先が倒産してしまった場合、その企業に対する売掛金や受取手形は回収できなくなって...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る