企業の債務不履行リスクを分析するには?取引のリスク

一般的に債務不履行リスクとは、国や企業などの発行体が利払い日における利息支払い、満期償還時に支払うべき償還金を支払えなくなるリスクのことを言います。

デフォルトリスクや信用リスクとも言われています。

企業分析に信用リスク分析は欠かせない

企業分析には、企業価値、経営戦略、経営組織、そして信用リスクといった分野が存在します。

ここでピックアップする企業の信用リスクに対しての分析とはどういったことを言うのでしょうか。

債務不履行リスク=信用リスク=信用性があるかどうか

具体的には企業における信用リスクとは、企業が借入した資金などの負債を期日どおりに支払う能力があるかどうかです。

負債の返済ができなければたちまち企業は倒産します。そのため倒産リスクの点検にも繋がるものが信用リスク分析です。

返済能力の調査は簡単ではない

ただし負債の返済能力を調査するためには、企業の負債総額、利益等返済原資などを比べるだけでできるわけではなく、多面的に企業を分析する必要があります。

収益力の高い事業を営んでいて利益をコンスタンスに生み続けていることが負債を返済できる能力を確保していることになります。

採算性が取れた事業かどうか

信用リスクを分析するには、経営の要素である、人、物、金、情報などの調査が必要となります。

どの程度の競争力で企業が位置している産業が斜陽産業化していないかなど、色々な方面からリスク要因を調べていくことになり、それらを行った上で企業の安定性や成長性、収益力を総合的に分析することになります。

そのため採算性が取れている状態で事業を行っているかを分析することになるでしょう。

債権の焦げ付きによる連鎖倒産も

取引相手の信用リスクを分析する際には、やはり取引相手の状況を把握することが重要となります。

有価証券報告書の作成義務のある大手企業の場合には、ある程度の経営内容を把握することは比較的容易です。しかしそれ以外の企業についての状況を把握することは困難です。

取引相手の信用リスク分析することは、債権の焦げ付きを回避することに繋がるためそれによる連鎖倒産を防ぐことができます。

与信管理で危険を回避

取引先が倒産してしまい売上債権の全額が回収できなくなれば当然損失が発生します。

危険な取引先なのか安全なのかを知るためには、与信管理も必要になるでしょう。

販売先に対して商品の代金を回収するまでの信用を与えることを与信といい、信用を与える間の売上債権を管理することを与信管理といいます。

取引先の危険レベルに応じた取引の規模や可否を考えるという方法で、万が一取引先が倒産した場合に損失となる手形や売掛金などの売上債権分の残高を調整します。

企業を経営していく上で、与信管理という管理方法によりリスクを管理することも必要です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

食品製造業:食品産業のリスク管理を考える... まだ記憶に新しい人もいるかもしれませんが、2014年後半には食品に異物混入した事件が相次ぎメディアや...
管理職になりたくない社員が増加している事、知っていますか?... 会社を潤滑に運営するために組織図は必要不可欠です。 つい最近までこの組織図の中で上に行く、つまり出...
企業はエマージングリスクにどう備えるか?... リスクの種類の1つに、「エマージングリスク」というものがあります。 元々、保険業界では浸透している...
M&A/M&Aの誤解! 個人経営者や中小企業の経営者にとっては、「M&A」という言葉や意味にまだそれほど馴染みが深くないこと...
中小企業の役員退職金におけるメリットとは?... 税務上での様々なメリット 企業を経営されている方にとって、役員退職金が最終的なご褒美になるのではな...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る