ハッカーのターゲットになるのは中小企業!?

ハッカーが狙うのは大企業だけだと思っていませんか?

ハッカーは価値の高い情報を多く求めて狙うと思われるのですが、現在ターゲットを中小企業に定めてきていることが多いようです。

セキュリティ対策が不十分なことが多い

中小企業はITにかける予算が大手と比較すると豊富ではないことから、セキュリティ対策が不十分な可能性が高い傾向にあります。そのためハッカーの標的になりやすいのです。

中小企業が狙われやすい理由

個人情報や企業機密を安全に管理する必要があるのは大企業でも中小企業でも同じですが、セキュリティ対策について真剣に取り組んでいる中小企業は実際のところ少数です。

ハッカーが欲しい情報は大手のほうが中小よりも数は多いでしょう。

しかし大手を狙えばそれなりにコストがかかりますし、セキュリティを突破するのも大変ですが、中小企業であれば合理的だと考える傾向にあるようです。

もしハッキングされた時に対策を練るでは遅い

セキュリティに投資をしても実際リターンがないため、もしハッキングされた時に対策を練れば良いという事後対応の考え方をしている場合もあります。

ある程度予算や人員に限りがあるため、どうしても後回しにしがちですが外国でのサイバー攻撃によるデータ漏洩事故の約7割は従業員が100人以下の中小企業が標的になっているそうです。

被害額によっては運営を継続できるかどうか危機に直面することになってしまいます。

セキュリティ対策は継続的に

セキュリティ対策は一度費用をかければ終わりではありません。継続的に取り組んでいく必要があるということを忘れてはいけません。

また、内部者からの情報漏洩にも注意しましょう。ハッカーがサイバー攻撃を試す時には試験的に自社に対して攻撃を仕掛ける傾向があるようです。

自社のWebサイトは脆弱ではない?

サイバー攻撃はWebサイトの脆弱性を突いて行われる傾向にあるため、サイバーセキュリティについての考え方を変えていく必要があります。

そしてサイバーセキュリティを考慮する際のために、重要情報に対してのアクセスポリシーを策定する必要があります。

内部者が行うかもしれない犯行を未然に防ぐためでもあり、情報管理の担当者を事故が発生した際に守ることもできます。

攻撃ターゲットの対象を守るためのソリューションの導入を検討しましょう。

どのようなソリューションがあるのか

例えばWebサイトのセキュリティ強化を検討するなら、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)です。

低価格でありながらもシンプルなセキュリティ対策が可能なクラウド基盤WAFサービスも多く登場しているため検討しやすいでしょう。

中小企業を狙ってくるハッカーに立ち向かうためには、サイバーセキュリティの第一歩を踏み初めることが大切です。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る