ハッカーのターゲットになるのは中小企業!?

ハッカーが狙うのは大企業だけだと思っていませんか?

ハッカーは価値の高い情報を多く求めて狙うと思われるのですが、現在ターゲットを中小企業に定めてきていることが多いようです。

セキュリティ対策が不十分なことが多い

中小企業はITにかける予算が大手と比較すると豊富ではないことから、セキュリティ対策が不十分な可能性が高い傾向にあります。そのためハッカーの標的になりやすいのです。

中小企業が狙われやすい理由

個人情報や企業機密を安全に管理する必要があるのは大企業でも中小企業でも同じですが、セキュリティ対策について真剣に取り組んでいる中小企業は実際のところ少数です。

ハッカーが欲しい情報は大手のほうが中小よりも数は多いでしょう。

しかし大手を狙えばそれなりにコストがかかりますし、セキュリティを突破するのも大変ですが、中小企業であれば合理的だと考える傾向にあるようです。

もしハッキングされた時に対策を練るでは遅い

セキュリティに投資をしても実際リターンがないため、もしハッキングされた時に対策を練れば良いという事後対応の考え方をしている場合もあります。

ある程度予算や人員に限りがあるため、どうしても後回しにしがちですが外国でのサイバー攻撃によるデータ漏洩事故の約7割は従業員が100人以下の中小企業が標的になっているそうです。

被害額によっては運営を継続できるかどうか危機に直面することになってしまいます。

セキュリティ対策は継続的に

セキュリティ対策は一度費用をかければ終わりではありません。継続的に取り組んでいく必要があるということを忘れてはいけません。

また、内部者からの情報漏洩にも注意しましょう。ハッカーがサイバー攻撃を試す時には試験的に自社に対して攻撃を仕掛ける傾向があるようです。

自社のWebサイトは脆弱ではない?

サイバー攻撃はWebサイトの脆弱性を突いて行われる傾向にあるため、サイバーセキュリティについての考え方を変えていく必要があります。

そしてサイバーセキュリティを考慮する際のために、重要情報に対してのアクセスポリシーを策定する必要があります。

内部者が行うかもしれない犯行を未然に防ぐためでもあり、情報管理の担当者を事故が発生した際に守ることもできます。

攻撃ターゲットの対象を守るためのソリューションの導入を検討しましょう。

どのようなソリューションがあるのか

例えばWebサイトのセキュリティ強化を検討するなら、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)です。

低価格でありながらもシンプルなセキュリティ対策が可能なクラウド基盤WAFサービスも多く登場しているため検討しやすいでしょう。

中小企業を狙ってくるハッカーに立ち向かうためには、サイバーセキュリティの第一歩を踏み初めることが大切です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

医療の現場/医師の過労死... 医療現場では長時間の勤務が当たり前のように行われており、勤務する医師が健康を害して亡くなる過労死が問...
クラウドシステムの導入を検討する際に注意したいことは?... 経費削減可能なシステムとして注目 初期投資を削減でき、スピーディな処理が可能で運用工数も削減できる...
企業は安全配慮義務を怠ってしまうと?... 会社は従業員が働く際に、安全に、そして健康を維持できるように配慮する義務があります。この義務を安全配...
リスクの洗い出しを行う方法とは?... リスクマネジメントを実践するのであれば、最初にまず自社の事業に関わるリスクの洗い出しが必要です。 ...
時代の変化、市場の変化に対応出来る営業スタイルとは?... 会社の業績を伸ばすためには多くの場合顧客数を開拓する必要があります。 BtoCなら個人顧客、Bto...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る