連帯保証人が背負うべき責任とは?発生する義務について

もしも会社の債務に対して連帯保証人となっている場合、会社が破産したらその債務の負担はどうなるのでしょう。

連帯保証人の責任義務とは?

会社が金融機関から借入れをする場合には、ほとんどの場合が代表者や役員が連帯保証人になることを求められると思います。

会社が債務を支払えなくなって破産してしまうと、その債務は連帯保証人が責任を負うことになります。

連帯保証人ではなく保証人でるならば、複数人いればその頭割りの金額分のみの負担で良いのですが、金融機関としては保証人よりも連帯保証人の方が担保として価値が高いため一般的には連帯保証人になっているケースが多いでしょう。

連帯保証人の場合には複数人いたとしても債務の全額を支払う必要があるからです。

連帯保証人も自己破産することに

連帯保証人が負うことになった債務の額が負担できる範囲内であれば問題ないでしょう。

しかし会社が借入れをして負担できなくなるくらいなので実際そうでない場合のほうが多いと言えます。

そうなると連帯保証人も会社の破産と同時に債務整理をする必要が出てきます。

債務整理の方法

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、どの手段を取るかは状況次第ということになります。

一番多く見られるのは会社と一緒に自己破産を申し立てるというケースでしょう。

このケースになると同時に手続きを進めて行くことになりますので、裁判所に納める予納金も1回分になります。

自宅の住宅ローンが残っている場合

連帯保証人が家を所有していてまだ住宅ローンが残っているという場合には、個人再生を申し立てることになるでしょう。

個人再生を選択するなら一定収入があることが必要になります。
ということは代表者や取締役が連帯保証人になっているケースだと、会社が破産してしまえば収入がなくなることになるため個人再生は選択できない場合が多いでしょう。

代表者保証制度のデメリット

会社が金融機関から借入れをする場合、代表者や取締役を連帯保証人に付けるように求められますが、この代表者保証制度は金融機関にとっては有益な制度です。

しかし個人保証の存在によって事業再生を難しくしているとも言えます。

そして代表者などにとっては大きなリスクを背負うことになるため、金融機関から融資を受けて起業しようと考えている人の一歩が出なくなる原因にもなります。

会社が火の来るまで経済的にも精神的にも追い詰められている状況であっても、この個人保証がのしかかることで本来は救済制度になるはずの会社の破産を決断することを鈍らせる原因にもなるでしょう。

会社を破産する時の注意点

会社が金融機関から借入れをしていて支払いが滞り破産してしまうと連帯保証人が責任を負うことになります。

会社の代表者や取締役であっても、連帯保証人でなければ個人資産が処分されることは原則ありません。

ただし会社の破産申し立ての前に、会社名義の財産を家族などに移転させていたという場合には否認権行使により返還を求められる場合があります。

このように個人資産が個人名義だとしても実質は会社の財産である場合には処分の対象となる場合もあることも認識しておきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

BCP/新型インフルエンザが起こったら?... もし新型インフルエンザが流行した場合には、経営者の多くはまずは安全な環境で従業員が働けること、顧客か...
弁護士の【セカンドオピニオン制度】は必要なのか?... 病院などにかかる際、一人の医者による診断だけではなく他の医者にも診断してもらって意見を聞いてみる、セ...
マイナンバー制度で個人番号カードと保険証が一体化?... 2016年からマイナンバーの通知が開始されましたが、通知カードと一緒に申請可能な個人番号カードに健康...
ストレスチェック制度で働きやすい職場づくりを...   労働安全衛生法によって施行された制度 近年ストレス社会と言われているほど、子供から...
リーマンショックとは?世界的金融危機による影響... リーマンショックについて 2008年9月、アメリカ第4位の投資銀行だったリーマンブラザーズは、高リ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る