契約中の火災保険の内容は?法人の様々なリスクに対応可能?

経営を円滑にしていくためには、工場、倉庫、オフィスビル、賃貸用マンション物件など、所有している不動産や資産を守ることも大切です。

現在自社が加入している火災などの保険の内容や補償範囲についてはしっかり把握できているでしょうか。

現在の火災保険の契約をまず確認

複数の工場や倉庫を所有や管理している場合には、契約や満期日もそれぞれで確認がしっかりできていないということはありませんか?次のようなことをまず確認してみましょう。

チェック1.自社の状況と内容は合っているか

加入している火災保険は、事故が発生した時にしっかりと補償が受けられるようになっていますか?

何に対しての補償なのか、いくらまで補償されるのかなど、企業の現状と補償内容が合ったものになっているかを把握する必要があります。

チェック2.無駄な補償が付いてないか

火災保険の保険料は経費から支払うこととなるでしょう。しかしあまりに高額な保険料のため、経営を圧迫しているということはないでしょうか。

無駄な補償などはできるだけ省き、必要な補償内容に整えてあげることが必要です。

チェック3.実際に事故が起きた時を想定して契約したか

保険の契約で肝心なのは実際に事故が起きた時にその補償で足りるのかということです。そして想定される事故内容が保険の適用になるのかが重要になります。

起こりうる事故を想定しながら、補償内容を確認しましょう。しっかり確認しておかなければ、後で支払われると思っていたというトラブルに発展することになります。

チェック4.保険金額は適正な金額か

所有している設備や什器備品、商品や製品などの金額が保険金額と合っているか確認しましょう。

もしも事故で損害が発生しても、保険金額が保険の対象の時価額より低く設定している場合には、支払われる保険金は減額されます。

これを「比例てん補」といいますが、一般的には「保険金額/時価額の割合」で保険金が支払われることになります。

火災に遭った場合に起こるリスクは様々

火災保険で焼失した工場や倉庫の最建築費用が補てんされても、次の日すぐに再建築が完了するわけではありません。

製造ラインが止まれば売上にも影響するでしょうし、顧客の流出も考えられます。

一度他の業者に流れた顧客を再び取り戻すには、受注金額を下げて交渉するなども必要になるでしょう。そうなればますます収益を減少させることになってしまいます。

また、従業員の雇用についても検討しなくてはいけなくなるかもしれません。

そのため、ただ単に建物や商品に受けた損害に対してだけでなく、その他の部分の補償についても検討する必要もあるでしょう。

自社リスクに対応できる火災保険を

保険会社によっては火災保険の内容や特徴に違いがあり、当然保険料も違います。独自割引制度を設けているところもありますので、それらを踏まえて検討するようにしましょう。

経営には火災だけではなく様々なリスクが付きまといますので、現在加入している火災保険を今一度見直してみましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナス金利時代突入!今後の企業の資産運用方法は?... メガバンクの口座維持手数料導入は本当?噂? 日銀のマイナス金利政策への対応手段として、大企業な...
健康経営/ブラック企業とホワイト企業の違い?... 経済産業省が推進している「健康経営優良法人」という認定制度の取り組みなど、社会的に過酷な労働環境を押...
会社設立時における法律の予備知識... これから会社を設立しようと思っている多くの人にとって、会社設立に関する法律などは初めて触れることにな...
売掛金の回収トラブルにはどう対応するのか?... 企業間の取引においては、売掛金での取引というのはよくあることです。 当然ながら、売掛金は回収しなけ...
雇用環境を考える 長時間労働の是正... 長時間労働は近年大きな問題としてニュースに頻繁に取り上げられています。 このような注目を集めている...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る