もしもリコール問題が発生したら?製品事故への備えとは?

問題のある製品は自主回収の必要が発生

近年では消費者保護を目的とした法律が整備されるようになり、製品の安全基準もさらに高まっています。消費者の嗜好も多様化したことにより、製品のライフサイクルも短期化している状況です。

そのため製品の改良ニーズも高まりリコールの発生頻度も多くなる傾向にあるでしょう。製品や商品に問題や不具合があった場合には、企業は自主的にそれらを回収することをいかに迅速に行うのかが、企業評価の低下や損失を最小限に抑えるためには重要になります。

もしもリコールになった場合の対応

リコールは問題になった製品のみを回収すれば良いのではなく、同じ工場・工程で作られた製品や使われた部品などのものを回収する必要が出てきます。そうなると企業が被る損失は計り知れず、リコールが原因で倒産した企業も過去には多く存在します。

一度発生すると多額な費用の支払いが必要になること、そして近年リコールの発生頻度が高いことなどからもリコールが起きた際の対応策について十分検討しておく必要があります。

情報が拡散する場合も

例えば即席麺の企業のケースでは、虫の混入した即席麺を発見した消費者がTwitterで苦情発信したことにより一気に拡散しました。今やネット社会ですのでSNSなどを通じて情報が拡散することは当たり前でしょう。しかし中には事実と違った情報も混ざるなど情報の一人歩きなども想定しながら、製品事故で信用やブランドイメージを低下させることを最小限に抑える対応が必要となります。

リコールの責任は誰にあるのか?

リコールの実施を最終的に決めるのは完成品メーカーとなるでしょう。しかし欠陥の原因が部品メーカーの部品である場合には、部品メーカーは完成品メーカーからリコール費用について求償を受ける可能性が発生することになるでしょう。

迅速で的確な対応が必要に

周到な製品安全管理を行っていても、製品事故の発生を完全になくすことは難しいと言わざるを得ません。そのため、企業は日ごろから製品事故の発生を想定してリコール対応のための準備をし、製品事故の発生またはその兆候を発見した段階で、迅速かつ的確なリコールを自主的に実施しなければなりません。

リコールへの備え

製品事故の発生を完全になくすということは難しい状況です。企業はリコールのリスクにも対応できるような備えもしておく必要があります。製造や販売した製品が原因で、例えば火災の発生や第三者のケガなどが起きた場合に必要になる製品の回収作業で負担する費用を補償してくれる保険もあります。

保険で備える場合には、単独で契約できる保険の場合と特約付帯する形になる場合がありますし、製造過程において自社が完成品メーカーなのか、それとも部品メーカーなのかによっても加入しておくべき保険は違ってきます。そのため自社に合う内容の保険を選ぶことが大切です。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る