健康経営/ブラック企業とホワイト企業の違い?

経済産業省が推進している「健康経営優良法人」という認定制度の取り組みなど、社会的に過酷な労働環境を押しつける企業であるブラック企業をできるだけ無くす動きが高まっています。
そもそもブラック企業とホワイト企業、この2つにはどのような違いがあるのでしょう。


ブラック企業とホワイト企業の違い
精神的に病み自殺してしまった社員が働いていた企業がメディアで取り上げられるなど、ブラック企業と認識された企業もいくつか存在します。
ブラック企業とホワイト企業の大きな違いは労働環境だと言えます。

・ブラック企業の特徴
ブラック企業と呼ばれる企業の場合には、とてもこなすことができない業務の量、そして大きなノルマを課せられるといったことが特徴です。
さらには労働時間が長時間に渡り、当たり前のように毎日残業があります。中にはタイムカードは退社になっているのに残業を続けなくてはいけない状況であるケースもあるなど、就労時間に限りが無いという状況が働く人の心身を苦しめることになるでしょう。
タイムカードに記載されていない残業時間が存在するということは、その時間の残業代は支払われないということになります。残業手当も支払われないサービス残業を延々と続けなくてはいけないという状況が続きます。

・人が続かないのがブラック企業
労働できる環境が整備されていないことで雇用しても長続きせず、すぐに退職してしまいます。人の入れ替わりが激しく、離職率が高いという特徴があると言えるでしょう。
辛い労働条件に耐えかねて退職してしまうならまだしも、我慢して働き続けることで心身を病んでしまうケースも見られます。
うつ病などのメンタル疾患で休職や退職が相次ぐ状況にあるのがブラック企業の最大の特徴だと言えるでしょう。

・ホワイト企業の特徴
ホワイト企業は従業員の働き甲斐や幸せを考え、社会に貢献できることを大切にしています。従業員への待遇や福利厚生も充実していることで、やりがいも見つかるでしょう。
日本の企業は利益を追求する傾向が強いため、例えば女性などは仕事を続けたいのに出産や子育てなどを理由に退職を余儀なくされるということもあるようです。
ホワイト企業の場合には女性が育児を続けながら働くことができる環境が整備されており、出産後でもキャリアアップが期待できます。
勤続年数が長いのがホワイト企業の特徴で、長く働ける環境が整備されていることで離職率も低くなります。
企業がホワイト企業であり続けるために健康経営を
仕事へのやりがいやモチベーションを高めるには、職場での就労環境が整備されていることが必要です。それと同時に健康管理は従業員の責任という経営は現在では通用しません。
従業員が健康を維持できることは個人の士気を高め、結果として企業の価値を向上させることに繋がり業績もアップするでしょう。
活力を持って働くことを実現できる戦略として、従業員の健康増進や維持を図る「健康経営」に取り組む企業は増えています。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

食品販売業のリスク:賞味期限と消費期限... 賞味期限は定められた方法で保存した場合に品質保持が可能だと認められる期限を示す年月日です。 一方の...
企業は、従業員の「ウェルネス」を最優先に考えるべき... 企業による、従業員の健康管理という考え方が広まりつつある中で、殊更に注目を集めている考え方が、従業員...
人口減少社会に対応できる企業を目指すための取り組みとは?... 少子高齢化が急激に進み超高齢化社会に直面している日本は、労働力人口が既に減少に転じていることを認識し...
健康経営/なぜ人材確保に役立つのか?... 日本は少子高齢化が進んでいることで生産性の低下も企業にとって深刻な問題となっています。 現在注目さ...
未払い残業/就業規則がとても重要に... 近年労使間で起きているトラブルの原因のほとんどは就業規則の不備によるものです。書類や手続に不備があれ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る