M&A/M&Aで失敗してしまうケースとは?

M&Aで成功する企業と失敗してしまう企業が出てくることには理由があります。成功する確立は5~30%と言われていますが、戦略の一手として有効に活用できなかった理由として、譲渡価格や戦略、M&A後の統合作業などが影響しているようです。


譲渡価格はどのように決めるか
価格決定までには様々な流れを経ることになるでしょう。双方合意までは事業の評価やリスクの洗い出しが必要ですし、合意した後も買収前調査が行われます。さらに契約内容を詰めて買収条件を検討することになるでしょう。
価格の決定方法には、バランスシートの資産価値を基準にする方法、事業を行う企業の時価総額を参考にする方法、将来のキャッシュフローを予測した上で現在価値へと割引く方法、過去の収益を参考にのれん代を算出する方法などがあります。
結局は相場観?
ただし、いずれも絶対的なものではありませんので、相場観により双方が合意した価格が適用される傾向が強くなります。そのため通常価格より高くなりがちです。
一般的に売却企業が自社に価値をつけて売却する場合、市場価値の3割前後は高くなるようです。
売却側の価格のイメージ
売却する側にしてみれば、それまでの苦労や培った技術やノウハウ、見込まれる売上や利益などから算出された価格に対してもう少し高くなると思っていたと思いがちです。
しかし経営者が企業融資の連帯保証となっている場合などは、連帯保証から開放されるならと安くても良いと思う傾向が強くなるでしょう。
買収側の価格のイメージ
一方買収する側は、投資効率やリスクから考えて、採算に合うのか、決算の影響、相乗効果や業績悪化などの不安を抱えることとなり、思っていたよりも高いと思う傾向が強くなります。
しかし譲り受ける企業に価値を感じれば、買い逃すくらいなら多少高くても良いと考える傾向にあります。
この売却側と買収側の価格イメージの異なりを埋める適正価格であることが、円滑な企業譲渡を可能とし、M&Aを失敗と思わないことに繋がります。
戦略を軸とした判断ができているか
企業はM&Aは戦略手段では無く目的だと捉えられることが多く、買手で経験が少ない企業の場合には売手の話を鵜呑みにする傾向も見えます。
しかしあくまでもビジネスですので、案件を評価するのは買手側となりますので戦略を軸として判断していくことが必要です。
統合後のシナリオはできているか
売却する企業と買収する企業の時系列は同じではありませんので、売却する側は事業を精算すれば終わりという感覚を持つかもしれませんが買収側はそこから再スタートです。
そのためM&Aを検討し、基本合意を交わすあたりから統合後のシナリオを検討しおくことが必要です。
これまでの経営陣が不在になった後に、買収組織のマネジメントを含めた統合計画の時間軸は売却側に意思が無ければ動けません。
M&Aを失敗に終わらせないために
M&Aを成功させるには、適正価格での譲渡、そして戦略をしっかり検討しておくことが必要です。抜けがあれば間違った方向へと進むこととなる可能性が高くなりますので、売却側も買収側も何に注意すべきかを改めて理解しておくようにしましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者が知っておくべき必要保障額とはどのくらい?... 企業において経営者の高齢化が深刻化しています。 後継者をまだ見つけられていないことや、経営者がトッ...
労働安全衛生法の改正でよりよい職場づくりは可能となるのか?... 労働安全衛生法の目的は、労働者が安全にそして健康を継続して働くことができることです。 それは労働災...
労災 安全配慮義務違反と損害賠償請求... 長時間労働やストレスなどが原因で、心身ともに健康だった労働者が不調を訴えた場合には、その原因を取り除...
中小企業のM&Aは増加する傾向に... 近年、国内におけるM&Aの件数は増えつつあります。 特に、中小企業ではその傾向がより強くなっているの...
株主代表訴訟に備える保険の保険料は誰が負担する?... 会社の取締役と監査役等は職務執行にあたって損害を生じさせた場合、損害賠償責任を負う必要がでてくる場合...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る