事業承継/後継者問題を考える

事業承継とは会社の経営を次の後継者に引継ぐことですが、中小企業にとって誰を後継者にするかは重要な経営課題だと言えるでしょう。
事業承継は誰を社長にするかという経営承継だけの問題におさまらず、会社の自社株を誰に引継ぐか、後継者教育をどのように行うかも問題になります。
事業承継の方法として、経営者の親族に承継するのか、親族以外の従業員等に承継するのか、M&Aで承継するのかといういずれかを選択することになるでしょう。


親族外承継が増加している傾向
中小企業庁のデータでは、20年以上前は親族内での事業承継が85%を占めていました。しかし直近10年では親族内承継の割合は急減しており、親族外への承継が6割を超えるといった逆転現象が起きています。従業員等やM&Aでの承継が急速に増加している状況です。
事業承継を円滑化させるべき理由
経営者が高齢化している状況ですが、経営者の年齢が上がるほど投資意欲は低下していく傾向にあります。しかし経営者が交代した企業や経営者が若い企業だと売上高や利益率を向上させている傾向が強くなります。
このような企業成長という観点から考えても、事業承継が円滑化されることが必要だと考えられますが親族内だけでなく親族外承継も併せて促進していく必要があるしょう。
業績に問題はないのに廃業?
しかし実際のところ、経営者が70代や80代であってもまだ事業承継の準備が終わっていない企業が半数を占めています。
廃業を予定している企業でも、その3割が同業他社より良い業績という状況で、続けようと思えば現状を維持できる状況であるようです。
しかし事業承継を選択しなければ廃業せざるを得ない可能性は高くなり、雇用、そして習得した技術やノウハウは失われることになるでしょう。
廃業を予定している企業のうち3割近くが、子供に事業を継ぐ意思がないことや、そもそも子供がいない場合、さらには適当な後継者が見つからないといった後継者難が理由のようです。
後継者がいない場合の解決策
後継者がいない企業が事業承継問題を解決する策にM&Aがあります。M&Aとは、2つ以上の会社が合併することや他社を買う買収を意味します。
親族や従業員に事業承継する場合には、次の経営者を教育するという面から考えても10年はかかります。
しかしM&Aを検討する場合には、社外からの経営者ということになるため、短期間で実施することができます。
余裕を持った事業承継問題への対策を
ただ、M&Aの相手がすぐに見つかるとは限りませんので、最適な相手に希望する条件で引継ぐためには時間的な余裕も必要です。
いずれにしても、誰にどのような方法で、どのタイミングで事業承継していくのか計画を立てて実行することが必要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

食品販売業のリスク:賞味期限と消費期限... 賞味期限は定められた方法で保存した場合に品質保持が可能だと認められる期限を示す年月日です。 一方の...
経営者が知っておくべき使用者責任と運行供用者責任とは?... 務内で自動車を使う場合、従業員は常に事故と隣り合わせともいえます。 では、実際事故を起こしてしまっ...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(IT業)... 急成長に進展するIT化の進展の裏側で、IT事業者が抱えるリスクも大きく膨らんでいると言えるでしょう。...
中小企業こそミッションやビジョンが必要な理由とは?... ミッションやビジョンが経営に必要、という言葉はあらゆる場面で聞くようになりました。おそらくこの記事を...
社員育成の仕組み化がこれからの企業経営に必要な理由... 会社を大きくするためには従業員数も同時に増やしていかなければならないものです。 しかし、現在の厳し...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る