アーカイブ:2017年 11月

  • 従業員の健康管理からみる経営戦略

    高齢化社会が進む日本では、生産年齢人口(15歳から~64歳)の減少が進み慢性的な人材不足となっています。厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」によると、2017年6月時点の有効求人倍率は1.51倍となり、43…
  • 緊急事態から会社を守るためのBCPとは?

    私たちが忘れることができないあの大震災から6年が経過し、年を明けて春が訪れると、まる7年になります。2011年3月11日東日本大震災。多くの方が犠牲となり、まだまだ復興中の地域が多いのが現状です。震災の影響を受け事業の売…
  • 勤怠管理はなぜ必要なのか?

    会社は働く従業員に対して、労働状況に見合う対価を給与として支払う必要があります。そのためにはしっかりと勤怠管理を行う事が大切ですが、近年ではコンプライアンスなどの関係から重要性が増している状況です。 勤怠管理をしっかり…
  • 中小企業にとって顧問弁護士は必要か?

    一昔前は義理人情のビジネスでも成り立っていましたが、近年ではコンプライアンスの重要性が高くなり法律を使いこなす事が必要になっています。 大企業から依頼を受けた弁護士は労働者や顧客(消費者)に対しては法的な保護政策を利用…
  • 増えています、会社従業員からのまさかの訴え!

    近年では未払い残業代を巡って労働者と会社が労働審判や訴訟問題に発展するケースも多く、訴えられる側となる会社はそのリスクについて理解しておく必要があるでしょう。 従業員(解雇の場合などは元従業員)からの訴訟や労働審判とい…
  • 退職金倒産!退職金規定に潜むリスク

    中小企業で考えて行く上で退職金制度を検討するケースもあるでしょう。しかし退職金原資をどの様に積み立てていくかを良く考えておかなければ、そこから経営にも影響を及ぼすリスクに繋がってしまう事があります。 (さらに&h…
  • 役員退職金額の税務調査対策

    近年、役員退職金の否認裁決が出た事で、企業にとって役員退職金はどの程度であれば適正と判断されるのかに関心があるところでしょう。 代表取締役が退職して経営から離れる場合、代表取締役から取締役に変更した時など、退職金を支払…
  • トラブルから会社を守るために知っておくべき法律とは?

    法律なんて知らなくても経営はできる。 なかなか法律の勉強をする時間がない。という経営者の方が多いのではないでしょうか。 大企業・中小企業問わず事業を行う上でいろいろな経済摩擦や社会摩擦を起こす可能性があり、一度トラブ…
  • 問題社員をかかえてしまった!企業は?

    どの時代でも会社にとって問題になる社員は存在しているものですが、仮に問題社員を抱えていたとしても高度経済成長時代は会社にも余力があった為、対応できていました。しかしリーマンショックや東日本大震災という経済危機を迎え、現在…
  • ソーシャルメディアによる会社のリスクは?

    インターネットやスマートフォンが普及した事により、日常生活にソーシャルメディアは浸透し続けています。 ソーシャルメディアとは誰でも参加できる情報発信ツールを指しますが、一般的な解釈としてはSNSやブログ、カスタマーレビ…
img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る