M&A(事業承継・事業拡大・事業撤退)

経営戦略

事業承継には5~10年を要する事も、早めに準備を

現在、日本の中小企業の多くは後継者不足に悩んでいます。 経営者の高齢化も進む中、後継者を見つけて事業承継をしたいと思っている経営者が多いのですが、実は事業承継をするには5年から10年と、長い時間がかかります。 事業承継をするためには、時...
経営戦略

リスクの眼鏡:事業承継の相談相手とは?

中小企業の経営者の高齢化が進み、事業承継を考える人も増えています。 しかし、事業承継というのは多くの場合1度しか行わないため、慣れているという人はいないでしょう。 事業承継については、誰に相談するべきでしょうか? 事業承継の相談相手に...
経営戦略

事業承継が進みやすい会社・進みにくい会社とは

経営者の高齢化に伴い、事業承継を考えている中小企業は増えています。 しかし、会社によって事業承継の進みやすさは異なります。 事業承継が進みやすい会社とは、どのような会社でしょうか? また、事業承継が進みにくい会社もあるのですが、どのよ...
経営戦略

事業承継で自社株式の譲渡など税負担が・・・

事業承継の悩みの1つに、大きな税負担があります。 自社株を受け取ることになると、贈与税や相続税などがかかるのです。 税負担が、事業承継を困難にしているという一面もあると言えるでしょう。 事業承継の際の税負担を、軽減する方法はあるのでし...
経営戦略

事業承継で経営者が頭を抱える問題はどこに

近年は、少子高齢化が進んだことで後継者不足に悩む中小企業が増えています。 中小企業は国の経済を支える重要な企業なので、事業承継をして存続させ発展するのが望ましいでしょう。 事業承継において、経営者が頭を抱えることになる問題は、どこにある...
経営戦略

減少する親族承継、多様化する事業承継

近年、経営者の高齢化が進む中、後継者不足が問題となっています。 元々主流だった親族承継が減少し、事業承継は多様化しているのです。 現在は、どのような形で事業承継が行われているのでしょうか? 親族承継の減少と、多様化する事業承継について...
経営戦略

M&Aによる事業を多角化するメリットとデメリット

企業は様々な戦略を持ってM&Aを行うのですが、その中には買収によって事業を多角化するという戦略もあります。 買収をすることで既存事業とは異なる市場へと進出する戦略なのですが、その戦略のメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか...
経営戦略

M&Aによる経営資源の有効活用での生き残り

近年、後継者不足のためM&Aによって事業承継を行う中小企業も増えています。 しかし、M&Aが活用されるのはそれだけではありません。 経営が厳しくなったことで、M&Aで経営資源を有効活用して生き残ろうとする企業も少なくないのです。 生き...
経営戦略

M&Aは企業がスピード成長を遂げる上で効果的な手法

企業の成長には、時間ときっかけが必要です。 では、短期間で成長することは不可能なのかというと、そうではありません。 短期間であっても、M&Aを行うことでスピード成長が可能となるのです。 なぜ、M&Aによってスピード成長が可能になるので...
経営戦略

M&Aは売却するタイミングが重要なわけ

事業の後継者がいない場合の選択肢として、M&Aがあります。 しかし、M&Aはいつでもいいというわけではなく、売却するのに最適なタイミングというものがあるのです。 最適なタイミングというのは、どのような時なのでしょうか? 具体的な例を挙...