中小企業は在宅ワーカー活用でニューノーマルな時代を乗り切る

近年、在宅ワーカーとして働いている人は増えていますよね。
自宅でパソコンを使いながらできる仕事は、限られていると思っていませんか?
実は、企業にとっても欠かせない存在になっているのです。
そんな在宅ワーカーは、中小企業にとって希望の存在になるでしょう。
一体、どのようなメリットがあるのでしょうか?

中小企業における在宅ワーカーの位置づけ

中小企業にとっては、新しい人材を確保することだけでも苦労しますよね。
その背景には、人件費等のコストや労力面が関係しています。
ですが、在宅ワーカーを活用することによって、上記のデメリットを解消することができるのです。
在宅ワーカーの活用によって、一体何が変わるのでしょうか?
想定される内容は、以下の通りです。

・人材確保や採用活動が簡単にできる
・働く際のコストが従来よりもかからない
・優秀な人材を確保できる確率が上がる

これらは、人材確保において悩ましい部分になりますよね。
ですが、在宅ワーカーに協力してもらえることによって、特に大幅なコストカットが実現できることが分かるでしょう。
中小企業にとって、コストカットできる項目探しは欠かせません。
光熱費や備品にかける費用を削減するよりも、大幅に改善することが期待できるでしょう。

また、これらの内容は自社で実現不可能だと考えている経営者はいませんか?
実は、社内規定を見直し、場合によっては少し変更することで実現することができますから、大掛かりな規定の変更は必要ありません。
在宅ワーカーの人が働けるように、少し環境を整えるだけで良いのです。
このことは、中小企業の人材不足の解消にも繋がりますから、働き手がいなくて仕事が回らないという問題の解決にもなるでしょう。

さらに、在宅ワーカーにはフリーランス型と社員型の2種類がありますので、雇用形態が限定されている訳ではありません。
給料形態も、時給または案件数で計算する方法がありますので、中小企業で実施できる範囲で始めることができそうですよね。
ガッツリと形式を整えるのでなく、まずできる範囲の内容で仕組みを整えることから始めてみませんか?

在宅ワーカーを活用するポイントとは?

中小企業で在宅ワーカーを活用する際に、どのような仕事を任せるのかは意外と悩みますよね。
一般的な外注の場合を考えると、サイトの運用といった限定的な仕事をやってもらうことが多いでしょう。
しかし、在宅ワーカーの場合は、ある程度中小企業と密接な関係性になります。
そのため、単発の仕事よりは、継続的に関われる仕事の依頼をする機会が多くなるでしょう。

状況によっては、職場で働いていた時と同じくらいの仕事を自宅で行うことになりますよね。
中小企業からすると、コスト削減ができつつも、一定の利益、成果が出せる存在を確保できていることになります。
もしかすると、在宅ワーカーの実績があるということで、将来性のある職場として外部から見られるかもしれません。
これは、中小企業にとって喜ばしいことですよね。

上記のことは、ニューノーマル時代の働き方にも関係してきます。
コロナの感染拡大の不安がある中で出勤したり、仕事を休まなければならない事情があったりする人は、様々なストレスを抱えることになります。
このストレスは、最初は小さくてもどんどん積み重なっていきますよね。
もちろん、中小企業にとっても、感染リスクと隣り合わせで仕事をすることになりますから、不安を抱えた上で業務をしなければなりません。

このストレスの解消ができるのは、在宅ワーカーならではの特徴になるでしょう。

まとめ

今回は、中小企業における在宅ワーカーの活用についてご説明しました。
在宅ワーカーの活用により、中小企業の慢性的な人材不足の解消やコストカットの実現が期待できます。
通常の働き方と違うから導入が難しいと思っていては、他の中小企業に先を越されてしまうでしょう。
従来までの在宅ワーカーは異色の存在という形でなく、職場内に新しい意識を生み出すきっかけになると考えるべきです。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る