海外旅行(留学)保険とはどういったものなのか?

人生、一度は海外に行ってみたいと思っている人はいませんか?
初めての海外となると日本の文化と異なる部分が多く、困惑する事もあるかもしれませんが、中でも現地でトラブルは、巻き込まれてしまうと大変ですよね。
そんな様々なリスクに対応するために、海外旅行にも保険があるということをご存知でしょうか。

海外旅行保険とは?~想定されるリスクから守ってくれる~

みなさんは、海外旅行でのトラブルを聞いたことはありませんか?
例えば、荷物が盗まれてしまったり、何らかの怪我をしてしまったりということが挙げられますよね。
日本の場合は、このようなトラブルが発生しても対応の仕方が分かりますが、異国の地だとどうでしょうか?
慣れない土地、慣れない言語でどうにか乗り切るのは、結構大変ですよね。

そんな時に活躍するのが、海外旅行保険です。
これは、旅行中に生じてしまったトラブルにおいて、金銭的な面で保障をしてくれる保険になります。
海外となると、日本と保険の仕組みが違いますから、例えば一回の診察で高額な費用が請求されるということもありますよね。
さらに、金銭的な物が盗難に遭ってしまうと、残り日数を過ごすためのお金をどうすればいいのか不安になってしまうでしょう。

このような出来事が発生した時に、保険に加入していると非常に心強いですよね。
日本とは勝手が違うからこそ、出国前に加入を勧めていることがほとんどでしょう。
海外旅行がベテランの方でも、万が一に備えて加入しているという人は少なくありません。
旅行中、安心して過ごすためには、大切な保障だということができるでしょう。

詳しい保障内容について知っておこう!

この保険は外国でトラブルに遭った際に、金銭的な保障をしてくれる保険であることが分かりましたが、もっと具体的な事例を知っておきましょう。
保険に加入を検討する際は、保障内容の範囲が重要ですよね。
一般的には、怪我や病気の他に、以下のような内容が設けられています。

例えば、レジャーを楽しんでいた際に、他人に怪我をさせてしまったり、設備を壊してしまったりということがありますよね。
そうなると、楽しい気分も台無しになってしまうでしょう。
このような賠償責任に関する保障を設けている内容もありますから、特にアクティビティに挑戦する予定がある人は加入しておいた方が良いかもしれません。

また、近年見ることのある事例として、予定していた飛行機が何らかの事情で欠航になってしまったという場合です。
日本でも天候の影響や設備のトラブルで起こることがありますが、旅行中に遭遇してしまうと精神的に参ってしまいますよね。
さらに、宿泊等の追加の出費がかかるとなると、金銭的な負担も大きくなることが予想できるでしょう。
現地の交通手段は、様々な情勢に左右されやすいですから、盗難等の保障と一緒に検討してみても良いかもしれませんね。

上記の他に、保険会社によっては、何かあった時の電話対応サービスを設けていることがあります。
サービスの内容には、通訳の手配や宿泊先の予約の代行を行う等してくれますので、私たちの現地での負担が少なくなりますよね。
特に、言葉に自信がないような人にとっては、有難いサービスになるでしょう。
いざという時に連絡できると思うと、より安心して楽しむことができますし、不安になることもありません。

保険の申し込みは、旅行代理店だけでなく、インターネットからも行うことができます。
始めての海外や、言葉等に自信がない人、1人旅をする人は、申し込んでおいて損はないでしょう。
多少のお金がかかってしまうと思う人もいるかもしれませんが、その分で安心を得ることができるならば、必要な出費だと言えますよね。

参考URL保険相談ナビ
(https://www.hokennavi.jp/cont/column-sonpo-oversea-001/)

まとめ

今回は、海外旅行保険の意義と概要についてご説明しました。
一般的には、海外で病院に受診した際の保障内容が取り上げられますが、その他にも盗難や交通トラブル、損害賠償など、幅広い内容が設けられています。
何をするにしても、お金がなければできないことが多いので、保険の申し込みをして損はありません。
楽しい旅行にするためにも、是非検討してみて下さいね。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

長時間労働と労災認定との関係... 長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を...
経営者が認知症・・・任意後見人制度... 経営者の高齢化が進む現代において、経営者が認知症となってしまい、問題となる事態が増えています。 そ...
損益計算書はどこを見れば良い?企業の問題点を探るために... 損益計算とは一会計期間内にどのくらい利益を得ることができたのかを計算するという会計用語です。 損益...
企業経営を脅かすビジネスリスクの代表とは?... 企業を経営する上でリスクと言われるものは常に着いて回ってきます。そのため、どのようなリスクが存在して...
マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?... マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る