自転車保険について解説します

みなさんの中に、日頃の移動手段として、自転車を使っている人はいませんか?
近年は、通学する学生だけでなく、仕事に行く大人でも乗っているケースが多いですよね。
そんな中、自転車は、誰もが加害者になってしまうリスクがあるってご存知でしたか?
今回は、加入者が増加中の自転車保険について解説したいと思います。

自転車保険は必要性の高い保険なのかを知ろう

ちょっとそこまで自転車を乗るのに、保険に加入するのは大げさだと考えている人はいませんか?
私たちが使っている代表的な乗り物として、自転車はよく取り上げられます。
しかし、車と比較すると、そこまで危険な乗り物という認識はあまりありませんよね。
車とは違って、自転車は子どもから大人まで乗ることができる乗り物だと言えるでしょう。

しかし、近年では自転車に関連する事故が増えていることをご存知でしょうか?
ニュース等で報道されることがありますが、決して他人事ではありません。

例えば、自転車で通行人にぶつかってしまい、高額な治療費の支払いを求められるケースがありますよね。
更には、事故が原因で後遺症が残ってしまったというケースも少なくありません。
もし、みなさんが事故の加害者だったら、どうでしょうか?
高額な治療費を急に用意することは、難しいですよね。

このような事態を防ぐために、自転車保険はあると言えるでしょう。
車に乗っている人は、自動車保険に入っていることがほとんどですよね。
それと同じくらい加入している人の多くは、事故等で何かあった時の安心を得るという目的があり、実際に加入を勧めていることがほとんどです。
市町村によっては、車と同じくらい自転車の事故を重要視していて、保険への加入を義務付けている所もありますよね。

そのため、自転車といえでも、いざという時の補償が必要になってきたと言えるでしょう。

どのような補償が受けられるのか?

自転車保険に加入すると、自分の怪我に対しての補償を受けることもできますが、メインは他人に怪我をさせてしまった時の内容になります。
ポイントは、賠償金の金額になり、会社ごとに違いはありますが、最高で3億円まで補償の対象としてくれる内容もありますので、いざという時は頼りになりますよね。
多様な規模の事故に対応できますので、金銭面での不安を少なくしてくれるでしょう。

また、内容によっては示談交渉のサービスが付いている場合があります。
事故という非日常的な出来事が起こってしまうと、正常な状態で冷静に話し合いをすることが難しいのはほとんどですよね。
これが原因で、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。

また、交渉を弁護士等の専門家に任せるとなると、高額な依頼料がかかってしまい、みなさんの負担が大きくなってしまいますよね。
示談交渉が付いている場合は、プロが私たちの代わりに話し合いをしてくれますので、費用だけではなく精神的にも心強いでしょう。

今回ご紹介した以外にも、自転車の故障に対応するロードサービスや、自分が事故に遭った時の補償にも手厚くサポートしています。
これらの話を聞くと、加入しておいた方が安心かもしれないと思いますよね。
特に、大人だけでなく子どもが起こしてしまった事故の事例も多くありますので、心配な親御さんは加入しておいた方が安心かもしれません。

保険料は、補償内容によって様々なタイプがありますが、比較的安く加入できる商品もありますので、金銭的な負担も少ないでしょう。
特に、ネットから申し込めるタイプは、お手軽な金額の商品もありますので、一度調べてみて下さい。
現在、加入を迷っている人は、最低限の補償があるタイプでも構いませんので、加入することをオススメします。

参考URL保険相談ナビ
(https://www.hokennavi.jp/cont/column-sonpo-bicycle-001/)

まとめ

今回は、自転車保険について解説しました。
事故の重大さや件数の多さから、保険の加入を義務付けている自治体が今、増加傾向にあります。
誰もが乗ることのできる自転車だからこそ、もしもの時の備えがあった方が、より安心して生活できるでしょう。
最低限の保障のみの場合は、比較的安い保険料で加入できます。
気になる人は複数の会社を比較検討してみて下さい。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

地震BCP(事業継続計画)の整備はどのように?... BCP(Business Continuity Plan)は事業継続計画のことで、中小企業庁は「緊急...
会社のかなめ、取締役に求められる義務と責任とは?... 会社は常に日々決断を繰り返しながら事業活動を行っています。会社の重要な判断を担うのが取締役となります...
社員の健康管理は会社の責任... 日本の企業では、社員の健康については「自己管理」という考え方が一般的とされてきました。 しかし、昨今...
2代目社長が会社を引き継ぐと大企業でも倒産してしまう?... 日本にはたくさんの会社があり、そしてその会社の数だけ経営者である社長が存在している状況です。 大企...
経営者の決断の早さが幸せな廃業をもたらすのは何故か?... アベノミクスで日本経済は成長したと言われていますが、実際はほとんどの中小企業がこの恩恵を受けることが...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る