M&A/中小企業において買収監査はとても重要か?

OOK85_sumahodesyashintorudansei_TP_V

買収監査とは、M&Aを買い手側が最終判断するにあたって実態把握のための精密検査を行うことを言います。
買収の対象となる財務内容などについて、正確性を確認していくために必要ですが、公認会計士などが財務監査、税務監査を実地にて行うことが一般的です。


買収監査はいつ誰が行う?
中堅中小企業だと2~3人程度の公認会計士が3日間ほどで行うことが通常ですが、経営コンサルタントによるビジネス監査や弁護士の法務監査などが実施されることもあります。
売る側と買う側が互いに協力し合うことを約束する基本合意締結後のタイミングで実施されることが多いようです。

 
なぜ買収監査を実施する必要がある?
企業を譲渡する売る側の企業にとっては、会社の内部を他人が色々調査することはけっして気持ちの良いものではないかもしれません。
しかし買い手側の立場で考えると、自己判断での譲受けは投資をする上でかなりのリスクを背負うことになります。そのため実態を正確に確認したいことは当然のことだと言えるでしょう。

 
買収監査で契約が破棄されることもある?
買収監査が実施され、特に問題が見つからなければ双方の条件を確定して最終契約に進むことになります。
買収監査を行わずにM&Aの後で、考えていたものと違ったという場合や、想定していなかった問題が発見されたということになれば後悔することになります。
M&Aが失敗だったと思わないためにも、買収監査はしっかりと行う必要があると言えるでしょう。
ただし買収監査の段階で重大な問題やリスクが浮上してきた場合、契約内容を再度見直す必要が出てくるでしょうし、場合によっては契約が破棄される可能性もあります。

 
買収監査で問題が発覚する前に
本来であれば売り手企業の案件を受託する案件化や企業評価の段階で、事前監査を行って問題点を早期に解決しておくことが望ましいでしょう。
それによって適正な株価が算出されていれば、買収監査の時点で問題が見つかっても買収価格の調整などで速やかな対応ができるようになります。
早い段階から細かい調査と問題解決を行うことがM&Aを実践する上で必要です。

 
良いコンサルタントの見極めも必要
買収監査を抜きでM&Aを実施することは、買い手企業が過大なリスクを背負うことになりますので避けて通ることができない大切な過程と言えるでしょう。
しかし買収監査で問題が発覚して、せっかくの契約がなかったことになってはそれまで費やした時間や費用が無駄になります。
そのため事前調査などをしっかり行うことが必要ですが、仲介者が優れていれば買収監査で問題が発覚することはまずないと考えられます。良いコンサルタントを見極めることもM&Aには重要だと言えるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

    2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s
    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. 0fb0e05d5dc06e8689ffbab77251f8b5_s
    IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s
    現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. 01abf86438839a01b97ba423838a88ad_s
    キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. dc53449aa5ab21c9dc648de22ca4739b_s
    団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. e85e406b86c68cd5abae5059616e38fd_s
    特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s
    役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る