健康経営/労働環境リスクからの脱却

近年、従業員が心身の健康を継続できる環境で働くことができる状況を築くことが新たな経営課題として注目されています。
健康維持を従業員個人に任せるのではなく、経営者側で積極的に従業員の健康について戦略することを「健康経営」と言います。
従業員の健康が維持できることで生産性を向上させることができ、企業ブランドの価値を高めることに繋がると考えられています。


健康経営のメリットとは?
従業員が健康でいられることで労働意欲が高まり欠勤率も低下します。それによって生産性が向上することが見込まれるでしょう。また、結果として離職率を低下させることもできるでしょう。
さらに従業員が病気にならないことで、企業負担する医療費も軽減させることができます。健康な従業員が多い企業は、企業ブランドの価値を高め、収益にも良い影響があるとも考えられます。
そして従業員の健康維持は、不祥事や事故を防止するリスクマネジメントにもなると言えるでしょう。
健康経営銘柄に選定されると株式市場の評価が高まる
経済産業省と東京証券取引所では、積極的に健康経営を導入して取り組んでいる企業銘柄を「健康経営銘柄」と発表しています。選定された場合には、従業員が健康な企業ということで株式市場でも評価が高くなるでしょう。
健康経営銘柄は、経営基盤、そして実際に労働をする現場までが連携して健康経営に取り組まれているかを厳しく評価した上で選定されます。次のようなカテゴリーで評価されますので確認しておきましょう。
・健康経営が経営理念や方針に位置付いている
・健康経営に取り組む組織体制が整備されている
・健康経営に取り組む制度を設けて施策を実行している
・健康経営の取り組みを評価して改善している
・法令を遵守している
など様々なカテゴリーで評価されます。
従業員の労働環境リスクを軽減するために
従業員にとって職場環境はとても大切です。始業前に体調確認を行い、昼食の時間はしっかりと確保する、歯磨きを可能とする環境を設けるなども取り組みとして行うべきでしょう。
また、社員食堂がある企業ではメニューにカロリー表示をすること、産業保健担当者から健康指導を行うなど、健康維持のための啓発を積極的に行うことが必要ですし、社内でウォーキング大会の開催や、部活動を設けるといった方法もあるでしょう。
さらには従業員の健康を改善・維持するために、健康診断のグレードを上げるなどで正しい情報を知ることも必要です。
メンタルヘルスも置き去りにしないこと
さらに体だけを健康維持できれば良いわけではなく、メンタルヘルスについても健康経営ではとても重要な項目として挙げられます。
仕事や職場環境が強いストレスを生む原因となれば、身体的に健康でも精神的な不調がいずれ身体にも影響を及ぼします。
職場でのコミュニケーションの促進や相談することができる環境を整備することも必要だと言えるでしょう。
健康経営で労働環境リスクから脱却することが業績向上に繋がる
従業員がいなければ企業として成り立ちません。その従業員が心身ともに健康であることで、企業の業績にも良い影響をもたらすことになるでしょう。健康経営に取り組み、従業員が働きやすい環境を整備することは重要なことです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

リスクに備えるために指導体制の基準を作ろう... 会社経営においてリスクマネジメントの重要性は年々大きくなっていると言えます。 しかし、多くの経営者...
事業承継/経営陣による会社買収はなぜ困難か... 事業承継に関して、中小企業は世襲で承継される事例が多いと考えられますが、中小企業経営者は後継者に血縁...
従業員の健康管理と雇用リスクの関係は?... 近年、企業の経営の一環として、従業員の健康管理を行うことが重視されるようになってきました。 従業員...
会社側が運行供養者として責任を負う必要があるのはいつ?... 従業員が車で通勤することは一般的なことです。 しかし、もしその従業員が通勤中に事故を起こしてしまっ...
売掛金の回収ができない場合に督促状は有効な手段となる?... 取引先に支払いを請求しているのに振り込みがない場合、うっかりミスをしたのではなく支払う気がないという...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る