異物混入に対する食品製造業などの企業が背負うリスクとは?

食に関係する事業の大きな問題として、異物混入問題があります。

異物混入とは製品中に異物が混ざるということですが、異物といっても虫や毛(人・獣)、ガラス片、樹脂、金属、石、植物、動物の糞、微生物、殺虫剤など様々なものがあります。

虫や毛など、生物由来の異物が混入する事故は高頻度で発生するため、それらを対象とした異物混入対策を実践することが必要です。

これまでに発生した異物混入問題

1996年に問題となった学校給食の集団食中毒事件はO-157によるものでしたし、2000年には大手乳製品加工メーカーで発生した集団食中毒事件は黄色ブドウ球菌によるもので社会問題になりました。

その後BSE問題が浮上するなど、多数の異物混入問題が取り上げられるようになり注目されました。

まだ記憶に新しいところでは、2014年に消費者がSNSに投稿したことで広まったカップ焼きそばに虫が混入した事件、大手ファーストフード店で起きた異物混入問題などがあります。

異物混入が発生した場合

製品に異物が混入して消費者からクレームがあった場合、まずは製品を回収する作業が発生します。

その異物によって被害が発生した場合には、賠償責任問題、さらに裁判にまで発展した場合には数千万から数億円の賠償金を負担することになるかもしれません。

マスコミなどに取り上げられメディアを通してブランドイメージは失墜し、謝罪広告を新聞やテレビに載せたり、一番の問題は異物混入問題が起きた企業の製品は売れなくなってしまいます。

異物混入におけるリスクマネジメントとは

最近ではリスクマネジメントという言葉を耳にすることが多くなりましたが、食品などの製造業者における異物混入のリスクマネジメントの目的は「発生を防ぐ」「再発を防ぐ」「損失を抑える」と考えられます。

リスクマネジメントの方法

異物混入のリスクマネジメントの方法は、総合有害生物防除に基づいて防虫管理と対策を講じること、各種認証規格を導入すること、さらには各種保険で補償を確保しておくことなどです。

保険で補償を確保するには?

異物混入に対する補償を確保できる保険には、PL保険やリコール保険などがあります。

日本ではPL法(製造物責任法)によって製造した製品に対する責任は最後まで持つ必要があるため、食品工場で異物混入などの事故が発生した場合には全て自社で賄わなくてはいけないことになります。

実際全ての企業は数千万とも数億円とも言える額を支払えるわけではありませんので、その時の補償としてPL保険への加入を検討しましょう。

また、製造物の回収費用のための保険にはリコール保険がありますので、この2つの契約をしておくことで万が一に対する備えができると言えるでしょう。

消費者の安全を補償するために

食品の製造業などでは異物混入の事故が発生しないように厳重な管理をしていても、虫などの生物はどこからか入り込む場合もあります。

その際に企業が打撃を受けることにならないように、そして消費者の安全を守るためにも保険などで補償を確保しておくことが望ましいでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業に求められる情報セキュリティ対策の必要性... 情報化社会の利便性はいつもリスクと隣合わせ インターネットや情報システムは、現在企業や組織を運営す...
システムの脆弱性がIT企業にもたらすリスクとは?... 脆弱性とはセキュリティホールとも呼ばれていますが、ソフトウェアやOSでプログラムの不具合、そして設計...
経営者は将来から今を考える逆算思考が大事な理由... 経営者にとって大事な考え方は、逆算思考だと言われているのを聞いたことがあるでしょうか? しかし、逆...
運送事業の最低車両台数は貨物自動車運送事業法の定め?... 貨物自動車運送事業の運営を適正、そして合理的なものにするために貨物自動車運送事業法というものが定めら...
親族への事業承継の壁 経営者の高齢化が進む中、何かと話題になる「事業承継」。事業承継の準備は必要だが実際は日々の業務が忙し...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る