企業のカスハラ(カスタマーハラスメント)に弁護士が必要なわけ

近年、顧客が悪質なクレームを店舗に訴える、いわゆる「カスタマーハラスメント」が急増し、問題視されています。
こうした問題が増えるにつれて、今や企業内で対応することが困難となって弁護士にその解決を依頼するケースも増えつつあります。
なぜ、企業のカスハラで弁護士が必要とされるようになったのでしょうか?

カスハラとは?

カスハラというのは、顧客が店舗や企業に対して、暴言や暴力的な態度でクレームを訴えることです。
かつて、企業では顧客からのクレームというのは業務改善に役立つ大切なものとして扱われていました。

また、製品に異物が混入していたなどの問題であれば、誠意ある対応を求められるのも当然でしょう。
しかし、カスハラと呼ばれるクレーマーから寄せられる内容はそういったものではなく、言いがかりといっても過言ではないようなものが多いため、企業としても対応できないのです。

さらに、クレームをつける顧客の態度としても、暴力的な態度や言動が目立つため、ともすれば脅迫ととられかねないこともあります。
実際に、店舗の従業員に土下座を強要し、それをSNSなどにアップするクレーマーなども存在しています。

ただし、この土下座の強要というのは強要罪にあたるため、場合によっては罪に問われる可能性もあります。
以前はこういった投稿が増え、炎上して逮捕されるケースが続出したため、最近では減少しつつあります。

しかし、どこまでが問題ない行為で、どこからが犯罪となるのか、という境界線については、判断が難しい場合があります。
そのため、カスタマーハラスメントの被害にあった企業が弁護士へと相談することが増えているのです。

例えば、クレームをつけられたから訴える、というわけにはいきません。
クレーム内容として企業に非があり、さらにその訴える方法が違法ではないとすれば、その企業は少し態度が悪かった顧客を訴えたことになります。
そうなると、裁判で顧客が無罪となった時の企業イメージはかなり悪くなるでしょう。
そうならないように、あらかじめ弁護士と相談して対応を検討したほうがいいのです。

カスタマーハラスメントへの対応

しかし、カスタマーハラスメントの対応のために弁護士へと相談するとなると、費用の面で心配になることがあります。
特に顧問弁護士が少ない中小企業では、毎回相談費用をかけて弁護士と相談するとなると、回数が増えるにつれその費用が負担になってくるでしょう。

こうした悩みを受けて、カスタマーハラスメントから企業を守るための保険として、弁護士保険というものが登場しています。
弁護士保険は、カスタマーハラスメント被害相談専用の窓口を設置していて、保険加入者は無料で電話相談が可能となります。

また、悪質なケースと判断された場合はどのような法的手段をとるべきか、また危機管理要領などについても専門家からのアドバイスを受けることができます。
クレームを適切に処理するためには、専門的な知識が必要とされるため、社内での対応に限界を感じた場合はこうした保険への加入を検討してもいいのではないでしょうか。

また、厚生労働省でもカスハラを問題視する動きがあり、近いうちにカスタマーハラスメントの対応について検討し、場合によっては顧客と企業の仲裁をする第三者機関を立ち上げる可能性もあります。
カスタマーハラスメントの被害にあわないように、対応できる体制を整えておきましょう。

まとめ

近年、多くの企業は、悪質なクレームをつけるカスタマーハラスメントに悩まされています。
カスハラへの対応は非常に難しいものがあり、法律と照らし合わせて正しい対応をするためには専門知識が必要となるので、弁護士へ相談するケースが増えています。
カスタマーハラスメントに対して問題なく対処するためにも、必要に応じて弁護士に相談するようにしましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

雇用環境を考える 外国人材の受け入れ... 会社の業績を伸ばすためには、人材確保が必要だと言えます。 しかし、現在の日本では人材獲得が非常に難...
損害保険について解説します... テレビのコマーシャルやネット広告などで、損保というキーワードを耳にすることも多いでしょう。 しかし...
中小企業における朝礼を行う意味とその理由とは?... 中小企業は業務に追われていることが多く、いかに従業員一人一人の生産性をあげられるかが重要です。 そ...
企業として女性の営業職をどのように考えていけば良いのか?... 企業において営業職はこれまで男性が行うべきという考え方が一般的でした。 しかし、近年では女性の社会...
介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?... いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る