モンスタークレーマーによる企業リスクを考える

苦情というのは、顧客からの大切な意見として、一般的に企業の宝と考えられています。
しかし中には、度を越した要求をしたり悪質なクレームをつけたりする、いわゆる「モンスタークレーマー」と呼ばれる顧客も存在し、企業リスクとなる事もあります。
モンスタークレーマーによる企業リスクとは、どのようなものでしょうか?

モンスタークレーマーの要求と通常の苦情の違い

企業にとって、苦情を寄せられるということは、顧客から改善を望まれているということです。
そのため、通常であれば顧客からの苦情というのは改善のきっかけとなるものとして、大切に扱われます。

しかし、中にはモンスタークレーマーとして敬遠される、困ったクレームをつける顧客も存在しています。
通常の顧客からの苦情と、モンスタークレーマーとの境界線はどこにあるのでしょうか?

先ほどもお話ししたように、通常の苦情というのはその企業に対して改善して欲しい、問題を解決してほしいと望む声です。
しかし、そうでない理不尽なクレームの場合はモンスタークレーマーとなります。

では、モンスタークレーマーによるクレームがどのようなものかというと、そもそも問題を解決することを目的としていないものです。
例えば、コンビニの店員に対して「態度が悪い」と文句をつけて謝罪を要求しながらも、具体的にどう悪かったのかは言わないというクレームです。

また、お客様窓口が19時までの受付となっていたのにも関わらず、夜9時に電話して「時間通りに開いていない」というクレームをつけていたモンスタークレーマーもいたそうです。

こうしたモンスタークレーマーは、改善を要求しているのではありません。
目的は、相手を困らせることです。
相手を困らせ、自分に対して強気に出られない様子を見ながら、自分の方が偉く、優位に立っていると思いたい場合もあります。

これがエスカレートすると、謝罪だけではなく品物や金銭を要求するようになることもあります。
中には、購入してもいない商品のクレームをつけて、弁償やお詫びの金銭を要求するモンスタークレーマーもいるそうです。

「ならば、無視をしてしまえばいいのでは?」と思うかもしれません。
ですが、そうなると企業リスクへとつながってしまうのです。
次の章で詳しくご説明しましょう。

モンスタークレーマーによる企業リスクとは?

モンスタークレーマーを無視してしまうと、どのような企業リスクが生じるのでしょうか?

こうした問題に密接に関わるのが、インターネットやSNSです。

現在、インターネットでは飲食店などの紹介と、そこを訪れた客からのコメントを見ることができるサイトなどが人気です。
また、SNSなどでお店の評判がどのように言われているかを調べる人もいるでしょう。

ところが、このサイトやSNSというのは誰でも書き込むことができます。
そこで、モンスタークレーマーを無視していると、こうした情報源に企業への苦情などを書き込んだりすることがあるのです。
「○○の対応が最悪だった」などと書かれてしまうと、来店しようと思っている客が他の店を選びかねません。

他にも、「○○に苦情を言ったけど無視された」といわれてしまうと、詳細を知らない人にとっては悪い企業のように思われてしまうでしょう。
モンスタークレーマーに対して何もしないでおくと、このような企業リスクが生じることがあるのです。

そのため、企業ではモンスタークレーマーに対してどのように対応するべきか、あらかじめ想定して準備を進めておく必要があります。
場合によっては訴訟など法的な手段をとれるように、違法性の線引きも考えておきましょう。

企業にとって顧客からの苦情は大切なものですが、モンスタークレーマーと通常の顧客からの苦情を同じものとして扱わないよう注意しましょう。

まとめ

モンスタークレーマーというのは、企業にとってプラスにならないものです。
問題の解決を望むのではなく、自身の欲求を満たすためにクレームをつけているため、改善にはつながらない内容ばかりです。
ただし、放置しておくと、企業に対する悪いイメージを流布される等の企業リスクもあるため、しっかりと対応しておく必要があります。
モンスタークレーマーへの対応ができるよう、日々、気を付けておきましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

教育関係:幼稚園の新築や改築の際には補助金を受け取ることが可能?... 経営している私立幼稚園が老朽化し、園児たちが安全にそして快適に過ごすことができるようにするために園の...
クラウドシステムの導入を検討する際に注意したいことは?... 経費削減可能なシステムとして注目 初期投資を削減でき、スピーディな処理が可能で運用工数も削減できる...
役員の損害賠償責任は相続財産である... 取締役の会社に対する責任追及の方法として株主代表訴訟があります。責任追及は本来であれば監査役が行うべ...
給与待遇への満足度が高い会社を目指す必要性はあるのか?... 従業員への給与をどれだけ払うかは企業経営において以上に難しい判断です。 多く出してあげたい気持ちは...
法人解散を検討する際に知って起きたい情報をまとめました... 経営者であれば法人解散を行う上での必要な情報について知っておいて損はないと思います。 なぜなら、経...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る