経営者が論理的思考を身に付ける必要性について考える

経営者にとって、論理的思考ができるという事は必須条件といってもいいくらい重要なことです。
しかし、なぜ経営者に論理的思考が必要なのか、具体的に分からない人もいるのではないでしょうか。
今回は、経営者に論理的思考が必要な理由や、具体的に論理的思考と言うのは何を指すのかということについて紹介していきます。

経営者に必要な論理的思考とは?

さて、論理的思考とは具体的にどのようなものでしょうか?
論理的思考というのは、AとBという事柄があるとき、その2つにはどのような関係性があるのかを正しく認識する能力のことです。
例えば、円高の時は輸入品が安くなるので輸入が活発になりますが、輸出した商品は海外で割高となってしまうので、輸出は落ち込みます。
円安の時はその反対に、輸出が活発になり輸入は落ち込みます。
さらに、円高になると海外旅行がしやすくなり、円安の時は海外旅行が減少することとなるでしょう。

こういった関係性を正しく認識できれば、経営戦略へと役立てることができます。
もしも経営者が関係性を把握していない場合、たとえ社員がその関係性を認識して提言したとしても、その意見を受け入れないかもしれません。
そうなるとビジネスチャンスを逃すだけではなく、会社の経営においても大打撃を受けてしまうことにもなりかねません。
そうならないためにも、経営者は論理的思考を身につけるべきでしょう。

論理的思考を身につけるメリットは?

それでは、論理的思考を身につけることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、論理的思考というのは直感や感覚的な思考とは異なり、多くの人が理解しやすい思考であり、必要があれば筋道を立てて説明することができます。
そのため、プレゼンテーションや書類などでも、相手が納得しやすい内容となるため、取引などにおいても好印象を与えることができるでしょう。
また、初めて会う相手であっても自分の会社についてわかりやすく説明できるため、相手も話を聞きやすく、質問を受けた場合もすぐに返答できるため、プラスの評価を得やすくなります。

さらに、論理的思考は逆算思考にもつながります。
逆算思考は、目標を定めてそこまでの道筋を考えるという思考ですが、目標を達成するために必要なことを考えて、さらにそのために必要なことを考えて、と繰り返していくためには、論理的思考ができなければいけません。
もしも論理的思考ができないまま逆算思考を行った場合は、途中で行き詰ることも多いでしょう。
そうならないためにも、論理的思考は大切となります。

論理的思考は、経営について戦略的に考える際にも役立ちます。
経営戦略というのは思い付きではできないので、論理的に考えなければ無理のある思考をしてしまうでしょう。
企業が持つ価値を最大限に生かし、最大限の結果を得るためには論理的思考がなければ難しいかと思います。
何よりも、今やるべきことの中から特に優先的なことを見極めていくためには、その事柄が将来的にどのような事柄へとつながっていくのかを考えていかなければ正しい判断を下すことができないでしょう。

簡単にいうと、100万円の報酬をもらえる1回限りの仕事と、50万円もらえる継続的な仕事のどちらを優先するべきか、という判断を行う際は論理的思考で決定する、ということです。
短期的に見た場合と長期的に見た場合、そのほかの仕事との関係、経費など様々な点を合わせて正しく判断するためには、論理的思考でなければ難しいでしょう。
このように、論理的思考ができれば、様々な方向から物事を考えられるようになるというメリットがあるのです。

まとめ

論理的思考というのは、誰にでも精通する筋道が立っている思考のことです。
経営者というのは、考えを社員へ伝え、理解してもらわなければいけません。
その時、ただ命令して従わせるよりも、全員が目標を理解してそれに向かって各々努力していく方が、より大きな結果を生み出すことができますよね。
そのために、経営者には論理的思考が必要となるのです。
効率よく成果を上げるためにも、論理的思考を身につけるようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

ハッカーのターゲットになるのは中小企業!?... ハッカーが狙うのは大企業だけだと思っていませんか? ハッカーは価値の高い情報を多く求めて狙うと思わ...
役員の損害賠償責任は相続財産である... 取締役の会社に対する責任追及の方法として株主代表訴訟があります。責任追及は本来であれば監査役が行うべ...
企業リスクを管理するためには過去事例の活用を... いざ自社の「危機管理」や「リスクマネジメント」を見直そうと思っても、何から手を付けていいかわからない...
アメリカ輸出時における製造物責任(P/L)法対策!海外展開ビジネスリス... あなたが製造業を行っており、海外輸出を行っている場合PL訴訟リスクは常に付きまといます。そこで今回は...
陸上貨物運送事業の事故は荷役中に多く発生する?... 労働災害は色々な事業や業種での作業に伴って発生します。陸上貨物運送事業における作業には荷役がつきもの...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る