企業が重視するリスクはどのように移っているのか?

企業が抱えるリスクは様々で経営者はこれらのリスクを常に意識しながら経営を行わなければなりません。
そこで今回は企業が重視するリスクが時代の変化に合わせてどのように移り変わってきたかを紹介させていただきます。

労働・雇用問題が今最もリスクと考えられている

企業が何をリスクと考えているか、この問いについての調査が定期的に行われています。
東京海上日動リスクコンサルティングではこの調査を平成20年から行なっており、従業員2,000任じようの上場企業を対象に回答を得ています。
調査方法は、全21項目のリスクから最大5項目を複数回答できる選択式で、今回は257社の回答をもとに調査結果が発表されました。
2018年4月に発表された結果では、「労働・雇用問題」が現在企業にとって最もリスクだと感じているというものでした。
驚くべきは回答に占めるチェック率です。
回答した企業のうち61.5%の企業がリスクだと感じており、人手不足が深刻な建設業や運輸・物流業では8割以上がリスクとして回答していました。
労働・雇用問題は3年前の調査結果では4位でしたので、年々リスクと感じる企業が増加していることになります。
また、今回の調査で2位だったのは、「コンプライアンス違反・ガバナンス問題」、3位は「情報・システムリスク」でした。
コンプライアンスは日本を代表する企業での不祥事が連続していることが影響しているでしょうし、情報システムリスクはサイバー攻撃を意識してのことでしょう。

なぜ、労働・雇用問題が大きなリスクなのか?

今回初の1位になった労働雇用問題ですが、なぜそこまでリスクと考えられているのでしょうか?
その背景には電通の違法残業事件をきっかけに労務管理の必要性が再認識されたことがあるでしょう。
あのような事件を受けて、労働者側の意識を変わってきているのです。
近年では、企業が従業員に訴えられるケースも増加しており、労働者の権利意識が高まっていることがわかります。
また、個人でも発信力が持てる時代ですから、何か不当な業務を求めた場合SNSで拡散されてしまい、たちまち事件につながることすらあるのです。
企業にとって、労務問題が発覚することはブラック企業のレッテルが貼られるなど大きなリスクですから非常に注意が必要です。

このように現在では労働・雇用問題が最もリスクと感じている経営者が多いようです。そして、このリスクは今後ますます拡大する可能性が非常に高いため、できるだけ早い段階で対策を行うようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

コンプライアンスとはどういう意味?...   法令遵守とは法令を守るのみではない コンプライアンスは直訳すると「法令遵守」。企業...
会社が倒産した時の代表者や取締役の法的責任は?... 一般的に倒産と呼ばれるものの手続きには様々な方法がありますが、その中で破産という手続きを会社が行った...
企業が行うべき安全なパスワード管理とは?... セキュリティ対策は万全ですか? 企業や組織でのログイン用パスワードなどは適切に管理できていますか?...
中小企業経営者が頭を悩ます後継者問題はなぜ起きるのか?... 中小企業が抱える問題の一つに後継者問題があります。 日本にある企業の99%が中小企業であることから...
従業員の福利厚生を充実させよう!退職金の準備について... 従業員にとっては最終目標にもなる退職金の存在 企業が社員など従業員を大切にしているかどうかの目安は...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る