万が一個人情報を漏洩してしまった場合企業は取るべき対応とは?

ITの発達により情報社会は日々進化しており、企業が持つ個人情報の数も非常に多くなっています。これにより企業による情報漏洩のリスクは非常に高まっています。
そこで今回は万が一情報漏洩をしてしまった場合に、企業が取るべき対応について解説をさせていただきます。

事実確認を何よりも優先しよう

現在の情報社会の中では、あらゆる業種の企業が顧客情報を持っていると言っていいでしょう。
企業によっては何十万という単位で個人情報を保持しているという場合も少なくないでしょう。
もしそのような個人情報を漏洩してしまった場合は、どのように対応していくべきでしょうか?
まず、最初に行うべきは事実を正確に把握することです。
つまり、漏洩してしまった情報の多さや、どこまでの細かい情報が漏洩してしまったのかを把握する必要があります。
なぜなら、それによりそのあとの対応が変わってくるからです。
例えば、漏れてしまったのが顧客の名前だけなのか、それとも住所やクレジット情報まで漏洩してしまったのかでは全く対応が異なることは誰が見ても明白です。
また、数名の個人情報が漏洩したのか、多くの顧客情報が漏洩したかでも対応は異なります。
漏洩数が少ない場合は、個別に連絡を取る方法でも良いかもしれませんが、多くの顧客情報が漏洩した場合は早急に全体に知らせる必要があるのです。
このように正しい事実把握をすることは何よりも優先するべき事柄です。

対応方法が今後の信用につながる

情報漏洩をしてしまった場合、そのあとの対応は非常に重要です。
もちろん顧客にできるだけ迷惑がかからないように取り組むのが大前提ですが、
この対応方法を間違ってしまうと企業の信用は本格的に落ち込んでしまいます。
たとえば、多くの顧客情報が流出してしまった場合、発覚後すぐに発表することと、1日経ってから発表するのでは全く印象が変わりますし、実際に被害も変わるかもしれません。
ある意味では起きてしまったことは仕方ないと考え、そこからどれだけ挽回できるか、そして今後再発しないようにどのように努めていくかを真剣に考え、それらをアピールしていく必要もあるのです。

現在では企業の信用は非常に重要です。
実際に、こういった情報漏洩をきっかけに信用をなくしたことで業績が急降下したなんて事例も少なくありません。
まずは、情報漏洩が発生しない管理体制を作ることが重要ですが、万が一漏洩してしまった場合もそのあとの対応次第で今後の運命が変わることを覚えておいた方がいいでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

就業規則に潜むリスクとは?... 現在労務トラブルが激増していますが、解決するための根拠となるのは就業規則です。しかし就業規則は作成し...
海外拠点の移転時の失敗!海外展開ビジネスリスク... 海外進出を進める日本企業が年々増えています。 その背景には日本国内のあらゆる業種が成熟期をむかえ厳...
未払い残業/就業規則がとても重要に... 近年労使間で起きているトラブルの原因のほとんどは就業規則の不備によるものです。書類や手続に不備があれ...
中小企業は資金繰りを意識して運転資金不足を回避しよう... 経営者の方で財務についての勉強をしたことがある方は意外と少ないものです。 多くの方が実際に経営を行...
雇用環境を考える 長時間労働の是正... 長時間労働は近年大きな問題としてニュースに頻繁に取り上げられています。 このような注目を集めている...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る