見直しも検討?就業規則に潜む企業リスクをご存知ですか?

あなたの会社には就業規則はありますか?
就業規則とはいわば、会社のルールブックであるため作ることは会社を守ることにつながります。
そこで今回はそのような就業規則に潜んでいるリスクについていくつか紹介をさせていただきます。

採用・退職時はできるだけ細かく明記しよう

ここでは、就業規則への明記やその他対応がはっきりとされていないことで、後々リスクとなり得るものをご紹介させていただきます。
最も会社と社員感でトラブルになりやすいタイミングは、採用や退職時です。
例えば、採用時に口頭だけでなく雇用契約書を交わしておくことは非常に大きなリスク回避となりますし、それ以外にも履歴書情報を鵜呑みにせず、追加で誓約書や身元保証書などの提出書類を採用時に要求することも有効です。
そしてそれらの就業規則内に記載しておくことが重要です。
退職時でも、解雇と退職の違いが分かりづらく問題に発展するケースがあります。
念のために整理しておきますが、会社から一方的に契約を解消することを解雇といい、就業規則に定められている一定条件に合致することで契約が解消になることが退職です。
ご存知のように退職と解雇では、法的な意味や扱いが全く異なるため注意が必要です。基本的には、リスクが少なく、トラブルに発展しにくいものは退職です。
この二つの基準が就業規則に明確に書かれていない場合に、問題となるケースが多々あることからそれぞれ退職条件と解雇条件をできるだけ細かく明記するようにしましょう。
また、他にも退職時に必ず行うべきこととして業務の引き継ぎがありますが、
すでに退職者のモチベーションは下がっていることが多いため、引き継ぎ業務に協力的でないケースがよくあります。
しかし、引き継ぎ業務は企業にとっては非常に重要であるため、自己都合で退職する場合には引き継ぎ業務を必ず行わなければならないことも就業規則に明記するべきです。

その他就業規則に潜むリスクとは?

他にも問題になりやすいケースとして、残業時間の考え方が異なることがあります。従業員は一方的に残業をしたと考えているケースが多いため、残業の定義も就業規則に明記しておきましょう。
さらに、休職制度もよくあるリスクです。
休職制度は法律で決められている訳ではなく各会社の任意で定めることができますが、それを知らずに大企業の就業規則を参考に入れてしまうケースがあります。それを社員に悪用されてしまうことがあるため、注意が必要です。

このように就業規則には、様々なリスクが潜んでいるため、
この機会に見直しをして頂ければ幸いです。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

健康経営/健康経営優良法人認定・ホワイト500とは?... 企業で働く従業員、新たに企業への就職を希望する人、取引先や金融機関などが、社会的に優良企業かを判断す...
事業承継/会社の清算と株式譲渡での税金の違い... 企業を廃業して清算することになれば、これまでの技術やノウハウはすべて台無しになり、さらには雇用や取引...
役員の損害賠償補償の保険は会社が保険料を負担しても良い?... 会社の取締役や監査役等は、職務を執行する上で会社に損害を生じさせた場合にその賠償責任を負うことがあり...
中小企業の社員は何故やめてしまう!... 中小企業の経営者が近年抱える悩みの中に、新しく社員を採用してもなかなか良い人材に巡り合えないというも...
経営に関するリスク/顧客対応の失敗... 現在、顧客満足に対する考え方は広く浸透している状況のため、企業に対する顧客の期待は膨らむ一方です。 ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る