海外展開における現地社員との正しい付き合い方とは?

海外展開を行なっている、もしくはこれから行う企業にとってその国の文化や国民性などを理解することは非常に大切です。
そこで今回は海外展開における現地社員との正しい付き合い方を解説させて頂きます。

仕事とプライベートの線引きがしっかりある

日本と海外でビジネスにおいて大きな違いは何があるでしょうか?
もちろん多くの違いがありますが、仕事に対する考え方が違う傾向にあります。
簡単に言えば、日本人は仕事を第一に考える傾向があり、海外では家族とのプラベートな時間を重要視する傾向にあります。
この違いをそもそも理解しておかなかれば現地社員と間違った付き合い方になってしまいます。
例えば、日本では仕事終わりに同僚と飲みに行く事は一般的です。
むしろ上司から誘われた場合、断りにくいとさえ思われています。
しかし、仕事終わりに同僚と飲みに行くという習慣は実は日本独自のものと言えます。もちろん、海外でも行われることはありますが、一般的とは言えないでしょう。
つまり、もしあなたが現地に出向しており、現地社員と飲みニケーションをしようと考えて誘っても、現地社員はそれほど乗り気でない可能性が高いのです。
もし、仕事終わりに飲みに行く場合でも、だらだらと長くではなくさくっと終わるような形にする方が望ましいでしょう。
また、プライベートな時間で仕事の話をすることもよくありません。
例えば、先ほどから上がっている飲みの場で言えば、日本人にとっては仕事や上司の愚痴をアテに盛り上がる事が多いですよね。
しかし、海外の場合は仕事に不満があれば勤務時間中に言う文化です。
つまり、不満を溜め込んで発散するようにお酒を飲むということはほとんどありません。もし、あなたが現地社員と飲みにいくらならば、仕事の話はあまりせずに違う話題で盛り上がることをおすすめします。

人と人とで向き合おう

これまで解説させて頂いたように日本と海外には文化の違いが多数存在します。
もちろん文化の違いを理解し、お互いを尊重することが重要ですが、最も重要なもとは人と人として向き合うことです。
例えば、現地社員に日本語が完璧でない場合、日本人同士の会話に入れず疎外感を感じるかもしれません。そんな時に一言声をかけてあげることや、日本文化を知らない現地社員に一つ一つ丁寧に教えてあげるなど、相手の立場に立って不安を解消して上げる事ができれば自ずと信頼関係が構築されるものです。

現地社員との関係性は結果を出すためにも非常に重要です。
正しい付き合い方をして、信頼関係を構築しましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

未払い残業/遅延損害金と遅延利息について... 会社が従業員の残業代を支払わない場合、会社には大きなペナルティが科せられる事を理解しておきましょう。...
過小資本による倒産とは?何が原因で倒産する?... 企業が倒産する原因で、過小資本による倒産は全体の約5%の割合です。 過小資本による倒産とは、資本金...
アメリカ輸出時における製造物責任(P/L)法対策!海外展開ビジネスリス... あなたが製造業を行っており、海外輸出を行っている場合PL訴訟リスクは常に付きまといます。そこで今回は...
経営に関するリスク/外国人不法就労... 外国人労働者の数は年々増加傾向にあり、中小や零細などの企業の多くで外国人労働者を雇用するケースが増え...
介護離職問題を解消するための法改正の内容とは?... 親と離れて生活していたけれど、介護が必要となったことで離職する必要ができるなど、これまで培った経験や...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る