企業に対する名誉毀損と企業が起こす名誉毀損とは

どのような場合が「名誉毀損」?

「名誉毀損」という言葉は耳にしたことがあるでしょう。実際にどのような状況のことかというと、不特定もしくは多数人が認識可能な状況の中で社会的評価を低下させるような具体的事実を告げることが名誉毀損に該当します。多くの人が目に触れる新聞や雑誌、そして最近多いインターネット上の書き込みなどに具体的な事実が記載されていることで名誉を傷つける場には名誉棄損が成立するでしょう。

刑事事件か民事事件か

名誉棄損は刑事事件として警察署や検察庁に告訴し「名誉毀損罪」を訴えること、そして民事事件として相手に対しての損害賠償請求を裁判所に申し立てることができます。

刑事事件は名誉毀損の証拠となる資料等を警察署へ持参します。事件の捜査や処理については警察署や検察庁が行います。民事事件は弁護士などを雇って自らで裁判を起こすことになります。

刑事事件は罪を問うことが目的ですが民事事件は傷付けられた代償に見合う費用を請求することが目的です。そのため慰謝料や損害についての賠償請求を行います。

名誉毀損にならないケースも

もしも名誉毀損に当たるような表現だったとしても、公益を図る目的で公共の利害に関する事実であり、それが真実であると証明された場合には不法行為とは認められません。そのため損害賠償の対象にはならないことになります。

ネット上の書込と対応方法

近年ではインターネット環境が整備されており、ネット掲示板に企業の信用が損なわれるような書き込みがされることも多くあります。秘密情報が含まれている場合や役員、従業員に対する誹謗中傷、侮辱などが内容に含まれている場合、虚偽や不正確な事実、根拠のない情報などの書き込みなども多く、多くの人に閲覧されれば業務上の信用を落とすことになるでしょう。

そのようなネット上での名誉毀損に該当する書き込みに対しては次のように対応する必要があります。

・静観もしくは放置しておく
・プロバイダやサイト管理者に削除要請を行う
・説明責任により反論をする
・書き込みをした者を特定し損害賠償請求を行う
・内容が名誉誉毀損罪、業務妨害罪、信用毀損罪に該当する場合には刑事告訴をする

名誉毀損と認定された場合の罰則

名誉毀損罪は3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金に処されます。ただし民事裁判で認められても名誉毀損罪が直ちに成立するのではなく、刑事の裁判所で認定されなければ罪に問われません。

企業が第三者に訴えられる場合も

名誉毀損を訴えるのは企業側ばかりではありません。逆に第三者に訴えられるリスクも経営の中には存在します。宣伝活動の中で著作権を侵害する事故や、無銭飲食ではない人を公衆面前の場で拘束してしまった場合など、事業遂行に伴って法律上の損害賠償責任を負うことになれば信用を落とすだけでなく多額の費用を支払うことになってしまいます。そのような事態が起きた時のために、備えとして加入できる保険(事業総合賠償責任保険)もありますので検討することも必要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

役員の損害賠償責任は相続財産である... 取締役の会社に対する責任追及の方法として株主代表訴訟があります。責任追及は本来であれば監査役が行うべ...
会社の倒産が続出?マイナンバー制度による企業への影響とは... 平成28年からいよいよスタート マイナンバー制度がついに始まりました。住民票を有する全ての人に1つ...
海外展開する際知っておきたい知的財産侵害のリスクとは?... ビジネスにおいて海外展開を検討する際には、国内では問題にならなかったような事が起きるリスクが非常に多...
業務のマニュアル化が中小企業には必要な理由とは?... 日本に存在する会社の90%以上は中小企業です。 つまり中小企業の業績は日本経済に大きく影響を及ぼす...
チームワークが分担作業よりも好結果を生み出す理由とは?... 人間一人の力には限界があります。 会社経営にも同じことが言え、会社の規模を大きくするには一人ですべ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る