中小企業経営者向け!廃業や解散を考える前にM&Aを検討しよう

後継者の不在などを理由に廃業を考えている方が近年増えてきているようです。
特に現在多くの中小企業が後継者問題を抱えており、おそらくこの記事を読んでいる方の中にも当てはまる方がいるのではないでしょうか?
そんな経営者の方に質問ですが、M&Aを検討されたことはありますか?

中小企業でもM&Aはできる

おそらく中小企業経営者の方で廃業を検討する前に、M&Aを検討したという方は非常に少ないと思います。
これは、経営者自身が勝手にうちの会社の規模だけM&Aはできないと判断しているケースがよくあります。
また、一昔前によくあった敵対的なM&Aのイメージをそのまま抱いており、会社が乗っ取られてしまうと考える方もいらっしゃるようです。
しかし、現在はそのようなM&Aはほとんどなく、特に中小企業界隈でいえば皆無と言っていいでしょう。
また、日本のM&S市場は5年で2倍になる程に伸びており、業種に偏りもそれほどなくあらゆる業界で起きているのです。
もし、あなたが本当は廃業したくないにも関わらず、その選択肢しか取れないというのであれば是非一度M&Aを検討されてはいかがでしょうか。

M&Aのメリットとは?

ここでは中小企業がM&Aを行うメリットをいくつか紹介させて頂きます。
一つ目は言うまでもなく、後継者不足が解消されることです。
本来望まない廃業だった場合、M&Aを行うことで会社は存続し、さらに今後伸びていく姿も見ることができるかもしれません。
経営者としてこれほど嬉しいことはないでしょう。
また、廃業の場合、従業員やその家族、そして取引先には大きな迷惑をかけてしまいます。
M&Aの場合は、そのような問題は最小限に抑えることもできますし、従業員も安心して仕事を続けることができるでしょう。
他にも、企業オーナーであった場合は、理想的な引退とも言えます。
なぜなら、M&Aが成功すれば個人補償していたものからも解放されますし、より多くの利益を獲得することができるようになります。

このように中小企業にとってもM&Aは大きなメリットがあります。
もちろんM&Aを実行する先の企業にとって魅力的な企業である事は必要ですが、必ずしも大きな利益が出ていないといけないという訳でありません。
あなたの会社のリソースを魅力的に感じている場合もあるのです。
だからこそ、最初から頭の中だけでM&Aの可能性を消すのではなく、実際にM&Aに向けて動いてから判断するようにしましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

2代目社長が会社を引き継ぐと大企業でも倒産してしまう?... 日本にはたくさんの会社があり、そしてその会社の数だけ経営者である社長が存在している状況です。 大企...
就業意識調査から見る現代の若者が抱えるニーズとは?... 就業することに対する意識は時代の流れとともに変化するものです。 企業経営を行っている経営者は、会社...
中小企業は台風による風災と水災で倒産するケースが増えてくる?... 中小企業の経営に対する風向きは年々厳しいものになっていますが、それは経営に関する事柄だけではありませ...
コンプライアンスとはどういう意味?...   法令遵守とは法令を守るのみではない コンプライアンスは直訳すると「法令遵守」。企業...
なぜ、死亡保険は見直しが必要なのか?... 死亡保険に加入している人は多いと思いますが、実はただ加入していればいい、というものでもないのです。 ...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る