中小企業経営者向け!廃業や解散を考える前にM&Aを検討しよう

後継者の不在などを理由に廃業を考えている方が近年増えてきているようです。
特に現在多くの中小企業が後継者問題を抱えており、おそらくこの記事を読んでいる方の中にも当てはまる方がいるのではないでしょうか?
そんな経営者の方に質問ですが、M&Aを検討されたことはありますか?

中小企業でもM&Aはできる

おそらく中小企業経営者の方で廃業を検討する前に、M&Aを検討したという方は非常に少ないと思います。
これは、経営者自身が勝手にうちの会社の規模だけM&Aはできないと判断しているケースがよくあります。
また、一昔前によくあった敵対的なM&Aのイメージをそのまま抱いており、会社が乗っ取られてしまうと考える方もいらっしゃるようです。
しかし、現在はそのようなM&Aはほとんどなく、特に中小企業界隈でいえば皆無と言っていいでしょう。
また、日本のM&S市場は5年で2倍になる程に伸びており、業種に偏りもそれほどなくあらゆる業界で起きているのです。
もし、あなたが本当は廃業したくないにも関わらず、その選択肢しか取れないというのであれば是非一度M&Aを検討されてはいかがでしょうか。

M&Aのメリットとは?

ここでは中小企業がM&Aを行うメリットをいくつか紹介させて頂きます。
一つ目は言うまでもなく、後継者不足が解消されることです。
本来望まない廃業だった場合、M&Aを行うことで会社は存続し、さらに今後伸びていく姿も見ることができるかもしれません。
経営者としてこれほど嬉しいことはないでしょう。
また、廃業の場合、従業員やその家族、そして取引先には大きな迷惑をかけてしまいます。
M&Aの場合は、そのような問題は最小限に抑えることもできますし、従業員も安心して仕事を続けることができるでしょう。
他にも、企業オーナーであった場合は、理想的な引退とも言えます。
なぜなら、M&Aが成功すれば個人補償していたものからも解放されますし、より多くの利益を獲得することができるようになります。

このように中小企業にとってもM&Aは大きなメリットがあります。
もちろんM&Aを実行する先の企業にとって魅力的な企業である事は必要ですが、必ずしも大きな利益が出ていないといけないという訳でありません。
あなたの会社のリソースを魅力的に感じている場合もあるのです。
だからこそ、最初から頭の中だけでM&Aの可能性を消すのではなく、実際にM&Aに向けて動いてから判断するようにしましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

現地での日本人管理者の重要性!海外展開ビジネスリスク... 海外進出を行う際は、日本人管理者を置く場合がほとんどだと思います。 いわゆる駐在員と呼ばれるやつで...
サブプライムローンとは?世界の経済に影響を与えた問題とは... 2007年から2009年にかけて、世界の金融市場と経済を大きく混乱させた原因にサブプライムローンとい...
介護離職問題/企業の介護支援の現状は?... 2025年には団塊の世代が75歳を迎え、高齢者人口が一気に増えることが予想されます。団塊の世代は第一...
海外展開における現地社員との正しい付き合い方とは?... 海外展開を行なっている、もしくはこれから行う企業にとってその国の文化や国民性などを理解することは非常...
従業員の低い就業意識を向上させる効果的な研修とは?... 会社経営を行う上で、従業員の就業意識は非常に大きな問題です。 経営者は会社の中でも最もモチベーショ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る