営業生産性を向上させるためにIT活用で情報武装をしよう

会社の営業成績がイマイチ伸び悩んでいる、もしくは右肩下がりになってしまっているという経営者の方が多いのではないでしょうか?
現在の世の中ではあらゆる業種で競争が過熱し、業績を伸ばすことが非常に難しい状況となっております。
そこで今回はそのような厳しい環境の中でも一つ頭抜けるためのきっかけとして、IT活用による情報武装について解説させて頂きます。

あなたの会社にはまだ大きな伸び代が隠れている?

皆様の企業ではどれほどITを活用できているでしょうか?
経理などはさすがにほとんどの企業がITを活用しているとは思いますが、営業面では実際どれほど活用できているでしょうか。
もし、それほど進んでいないという経営者の方がいらっしゃれば、そこに非常に大きな伸び代が残っていると言えるでしょう。
なぜなら、現在のビジネスにおいてIT活用ができていない、つまり情報武装ができていないほど不利な状況はないからです。
新幹線に対して自転車で競争しているようなほど違うと言っても過言ではありません。
つまり、逆に言えば情報武装なしで現在も業績を維持できている状況は非常に頼もしい状況でこれまで獲得してきた信用や実績があるからこそ成せることなのです。
しかし、それもずっと続く訳ではないですから、やはりすべての企業がIT活用による情報武装は必要です。

なぜIT活用による情報武装が必要なのか?

では、なぜ情報武装が求められているのでしょうか。
答えは簡単で、今がそういう時代だからです。
もう少しわかりやすく言えば、企業が存続するためには常に時代の変化に合わせて企業スタイルも変更しなければいけません。そして現代はスピード経営の時代です。
あらゆる変化が猛烈なスピードで起こっており、それに対応するためにも意思決定や行動までスピードが求められているのです。
スピードを意識しようとすれば、IT活用は確実に必要になります。会社の会計システムなどを考えて頂ければわかりやすいでしょう。
また、実際に営業を行う際もITは非常に有効です。
あらゆる業種は成熟期に入っており顧客獲得は非常に難しくなっていおります。そのような状況の中でも、費用対効果よく集客や営業を行うためにはデータ分析を行い、いかに効率的なマーケティングを行うかが非常に重要です。
その分析を行う際にもITは非常に大きな武器となるのです。

このようにIT活用による情報武装を行うことで営業生産性が向上し、会社の業績を大きく伸ばすことができる可能性を秘めているのです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

教育業界:私学を取り巻く経営環境とは?... 少子高齢化が進む日本ですが、その影響もあって私立学校をめぐる経営環境は近年ますます厳しい状況です。 ...
契約破棄したい時はどうすればいい?契約解除の方法とは?... 契約は法的な拘束力を持った中で行う約束で、当事者の申し込みの意思表示ともう一方の当事者の承諾の意志表...
陸上貨物運送事業の事故は荷役中に多く発生する?... 労働災害は色々な事業や業種での作業に伴って発生します。陸上貨物運送事業における作業には荷役がつきもの...
情報セキュリティの基準作りがリスク回避につながる... 企業経営においてリスクは常に背中合わせです。 中でも、情報漏洩などの問題は多く企業で起きています。...
事業承継/事業承継準備に時期尚早はなし!... 事業を継続するのは後継者問題が大きく関係します。今はまだ関係ないと思っていても、将来引退する時に上手...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る